真柄工務店公式ブログ

坪単価 安く

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。
構造見学会に、沢山の方に
ご来場いただきまして誠にありがとうございます。

見学会で絶対に聞かれる事。「坪単価はいくらですか?」
珪藻土と杉フローリング

当然ですよね。私も、お金は一番大事なお話だと思います。
でも、この坪単価に全国共通ルールはありません。
それぞれの、会社で勝手にルールを決めて表示しているので、
比べるのが難しいのです。

少しでも、安く見せる工夫をしている会社も多いですね。
では、どうやって安く見せるのでしょうか?
建物本体工事の中には、含まれないものを沢山作ります。
例えば、生活するために絶対に必要な、電気、水道、下水、ガスなど
引き込み工事を外します。
酷い会社は、玄関ポーチ、ベランダ、基礎工事も本体工事に含みません。
冗談みたいな話ですが、これ本当なんです。

そして、もう一つは面積です。
面積を多くすれば、当然坪単価は下がるので
この手を使う会社も多く見られます。

普通に考えると、工事金額÷延べ床面積=坪単価の計算式です。
でも、これでは安くならないので、通常延べ床面積に参入しない部分を、
施工面積と称してカウントするのです。
例えば、吹き抜けやベランダ、玄関ポーチを入れてしまいます。
そうすると、直ぐに4坪位は増えてしまいます。
堂々と、TVで有名タレントを使って宣伝して、
実際には住めない値段を出す。私には恥ずかしくて出来ません。

私の地方に住む友人が、坪45万円のハウスメ-カ-に行って来たそうです。
内訳を教えてくれました。延床面積は36坪
本体工事     16,500,000円
オプション工事   4,000,000円
付帯工事       700,000円
諸経費       2,600,000円
申請費        650,000円
合計税抜き 24,450,000円
坪単価 679,166円 施工面積単価611,250円

坪45万円でも、意外と金額が高くなるので、私もちょっとびっくりしました。
外構費と照明器具は入っていないそうなので、最低でも、あと100万円は掛かりそうです。
この様に坪単価45万でも実際には70万近くの金額になってしまう坪単価表示ですから、
それぞれの、会社の坪単価ルールをしっかりと確認するのは大事です。
国が何故坪単価ルールを全国共通にしないのか、本当に不思議です。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 坪単価 安く | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 坪単価を安く見せる方法。 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ