真柄工務店公式ブログ

確認申請 安全

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

確認申請が降りました=安全ではありません!
構造計算基礎

確認申請が降りたからと言って、
十分な耐震性がある訳では無いのです。
あくまでも、確認申請は最低限の基準にあてはめているだけです
建築基準法は耐震等級1で最低レベルです。
木造二階建て以下(4号建築物)に構造計算書の提出は必要が無い為に
壁量計算、4分割法、軸組計算など簡易的な方法で計算します。
木造住宅でも3階建てになると、構造計算は必要になります。

では、構造計算はどの様な項目を検討しているか見ていきましょう。
固定荷重、積載荷重、積雪荷重、風荷重、地震荷重などの項目を検討しています。

固定荷重は建物自体の重さ、積載荷重は人や家具などの重さ
、積雪荷重は雪の重さ、全ての重さを計算して、
それぞれの材料が、まず重さに耐える事が出来るかを検証します。

それから、地震や台風によりかかる力に対して、
耐えられるか計算していくのが、構造計算です。
構造計算されている建物は、耐震等級2から3のレベル
(建築基準法の1.25倍から1.5倍の強度)になります。

構造計算は、木造2階建て以下では必要とされていないため、
実に97%の割合で構造計算してない建物が建てられています。

では、構造計算している建物としていない建物とは、
どの位の違いがあるのでしょうか?

構造計算をしない場合によく使われる壁量計算。
この壁量計算の基準を満たしている建物を
構造計算してみると、
20%から40%強度が不足します。

何故でしょうか?
壁量計算では、柱の太さや数、梁の大きさなども調べません。
積雪荷重も関係ありません。
30㎝積もれば6tの重さが掛かりますが、関係ないのです。
多摩地域でも、積もる事ありますよね。
6tの荷重があって、梁の大きさも、柱の数も関係ないので
、耐える事が出来るかどうかも、運任せです。

構造計算は、構造設計士が行い費用も30万円~かかってきます。
30万円で安全性を捨てる事なんて出来ないので、
私の会社では、全棟構造計算しています。
一般の消費者の方は殆どこの事実を知らないで
家を購入しています。
本当にこれで良いのでしょうか?
地震大国日本で、全棟構造計算の義務付けをすべきことだと私は思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 確認申請 安全 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 確認申請は安全ではありません はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ