真柄工務店公式ブログ

高断熱 住宅

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄です。

外断熱屋根通気垂木

私の会社では、初回面談のお客様にヒャリングシ-トを、書いて頂いていますが
その中に家造りで気になる事を書いていただいています。
お客様の多くが高断熱を希望されます。では、何故高断熱の家を希望されるのか?

多くの客様は、「冷暖房費を抑えるためと」お答えになります。

確かに冷暖房費は、抑える事が出来るでしょう。
しかし、一番のメリットは使えない空間が使える事だと思います。
例えば、敷地の狭い都内には多い3階建て住宅。
断熱性の低い住宅で3階に部屋を造っても、真夏の屋根の表面温度は軽く70度になる中で生活が出来るかと言えば疑問が残りますね。

4LDKの家を建てて、常時暖房しているリビングに家族が集まりリビングのドアを誰かが開けると冷たい冷気が流れて入ってくる。「早く締めなさい!」なんて怒られたりする。せっかく土地付きで5千万で買ったのに。。。

これでは、買った金額に見合いませんよね?

断熱性が高くなると空間が広く使えるようになり、快適に暮らせることが一番のメリットです。

では、どうして断熱性が高いと快適になるのでしょう?

断熱性が高いと床、壁、天井の表面温度が適度に保つ事が出来るからです。

室温では無く表面温度がとても大切です。
人間の体の表面温度は、約30℃~35℃位でそれに応じた放射熱を出しています。
例えば夏の壁の表面温度が38℃位だと、壁からの放射が大きくなり、体に伝わり暑く不快に感じます。
逆に、壁の表面温度が20度に下がると、体からの放射熱が奪われて寒く感じるのです。

真夏に窓を開けても生温い風が入って来るだけで、あまり涼しくないのはアスファルトやコンクリ-トの表面からでる放射熱が入って来るからです。
昔の人は、打ち水をしたり、軒の出を大きく取り涼しくなる工夫をしていたのです。
最近の家は外観デザインの観点から、軒が無く雨や日射を防ぐことが出来なくなっていますが、日本古来の気候風土から出来た先人たちの知恵だったのですね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 高断熱 住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 高断熱住宅のメリット はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ