真柄工務店公式ブログ

» 2015 » 6月のブログ記事

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

家にも履歴書があるのをご存知ですか?

施工例

今日本の住宅は国を中心に、永く住み続ける住宅に舵を切っています。
地域ブランド事業をはじめ、今年度からグリーン化事業が
始まり長寿命型住宅や、低炭素住宅、ゼロエネルギー住宅に対して
100万円~185万円の補助金が国からいただけます。

20008年に国は、住宅履歴制度を造りました。
履歴書を持つ住宅には、固定資産税、登録免許税など税制の優遇措置があります。
長期優良住宅には、住宅履歴制度が義務化されていますが
その他の住宅には義務付けされていません。

住宅履歴とは、その家の価値を保証するものです。

新築時の調査関係書類から設計図、確認申請書類、
長期優良住宅申請書類、施工写真、
維持管理記録など家に関する重要な書類を保存する事です。

アメリカで、中古住宅市場が確立されているのは、
日本の住宅履歴と同じ様なシステムに基づいて、
家の状態を第三者がしっかりと判断して家の価格が決まります。
ユーザー安心して家を購入できるから、中古住宅市場の流通が確立しているのです。

日本でも、中古住宅の家の状態を
判断するシステムがあります。

既存住宅現況検査技術者が、現在の家の状態を
チェックして購入する際の目安にする物です。
既に1万人の技術者が認定されていますが、消費者の殆どの方が知らない状況です。
建築関係者でさえ知らない方もいると思うので当たり前の話です。

せっかく高性能な家を造っても、その価値を明示できなければ
資産価値を低く評価されてしまいます。

その意味でも住宅履歴は全ての住宅に
義務付ける事が個人的には一番良いと思います。

全ての住宅に履歴を義務付ければ、中古住宅市場も活発になり、
将来リフォームや増築を考えた時でも、全てのデーターがあれば
スムーズに工事が進むのでコストを下げる事も可能になると思います。

殆どの工務店は、住宅履歴をデーター化して保存しています。
工務店もお客様個人もパスワードを持ちこの履歴を
パソコンから何時でも、アクセス出来ますのでとても便利なのです。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 履歴書 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家にも履歴書があります。 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

家の寿命が一番永く持つ構造は何ですか?

施工例

 

この問いに木造住宅です。と答える方はどの位いるのでしょうか?

おそらく多くの方が、鉄筋コンクリート造と答えると思います。

建物の寿命の研究をしている方は沢山いらっしゃいますが、
早稲田大学の先生の研究をみると木造住宅は64年、
鉄筋コンクリートは68年としている。
この数字を見ると意外にその差がないのに驚く人もいるのではないでしょうか。

一般的に木造住宅の寿命は30年と言われる事が多く、
実際に国土交通省の資料を見てみると
木造住宅は平均値で27年~30年位で建替えをされている。
因みに意外なのが鉄筋コンクリートは37年と言う数字でした。

木造住宅の場合30年経つとリフォームしてお金をかけるなら、
少しお金をかけて建替えた方がお得と考える人が多く、
人為的に建替え寿命が短くなっているのも事実です。

私達は、木造住宅は地震に弱いから、
寿命が短いと言うイメージが侵透しています。

阪神淡路大震災で、多くの木造住宅が倒壊しました。
TVなどで、その現実を目にしている多くの方がそう思うのは当然でしょう。
しかし、その後震災で倒壊した建物を検証してみると
シロアリの被害などメンテナンスの問題が多く見られました。

震災後建築基準法も変わり耐震基準も上がっています。
どんなに耐震基準が上がっても、シロアリの被害や
、壁内結露による腐食を起して柱や土台が腐っていては話にはなりません。
木材は腐りやすいと言うデメリットがあります。

構造や基礎も大事ですが、しっかりとデメリットを
補うシロアリ対策や、結露対策も同じくらいに重要です。

木材自体は同じ重量のコンクリ-トと強度を比較するならば、
引張強度は200倍、圧縮強度は9倍、曲げ強度は400倍と
全てに於いて木材の方が強いのです。

木材は軽くて、強度があり、高温多湿な日本の気候風土に
合っていて、しかも森林資源も豊富にあります。

日本の家造りには、木材が最適な材料だと思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 木造 弱い | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 木造の家は弱いのか? はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

家の燃費って考えたことありますか?

施工例

皆さんが車を買うときに、絶対に気にする燃費です!

家電にも表示されていますよね。消費電力が少ないから、
お得です、なんて書いてあるのを目にしたことはありませんか?

ところが、車や家電なんかよりも値段が高い住宅は、
どうでしょうか?

残念ながら、燃費を教えてくれる工務店は、数少ないのが現状です。
年間光熱費が同じ10万円でも、室温が快適に保てての10万円と、
寒さ暑さをギリギリ我慢しての10万円では、全然意味が違いますよね。
だから、共通のものさしで測る必要があります。

燃費計算表

では、燃費を良くするためにはどうすれば良いのでしょう?
勿論、断熱性能、気密性能、サッシの性能は深く関わってきます。
しかし、建物にも工夫が必要になってきます。

理想の家は、夏涼しくて、冬は暖かい家です。
その為には、太陽の光を味方につけたり、
敵に回す必要があります。

冬の日差しは、積極的に室内に取り込んで置けば置くほど、
暖房費は確実に下げる事が出来ます。
しかし、反対に夏に同じような事をしてしまうと、
電気スト-ブをつけながら、エアコンをつけるような事になってしまいます。

昔の家は軒が深く、窓の上に庇があったのは
この夏の日差しを室内に取り込まない工夫の一つでした。
しかし、最近の家はデザイン優先で、軒の出が無い建物が、多く目につきます。
勿論、都内では敷地も狭く軒の出を出せない物件も数多くあります。

それでも、窓の上に庇を付けるだけで、庇の出が30㎝で高さ1.4mの高さ
、庇の出45㎝で掃き出し窓の日差しをカバ-出来ます。
庇が難しい場合は、すだれをかけたり、後付けのシエ-ドなどでも十分効果があります。

この様に自然エネルギーを味方につけて、熱を室内に蓄えたり、
エアコンで効率よく冷やしたりで室内に保冷をしても、
断熱性能が悪ければこの蓄熱や保冷が出来ないのです。

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 燃費 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 建物にも燃費表示の時代? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ