真柄工務店公式ブログ

» 2016 » 6月のブログ記事

二階建て住宅に構造計算はいらないの?

大きなマンションやビルは当然構造計算しています。
では、木造住宅の場合は一体どうなっているのでしょうか?

構造計算が義務付けしていない建物

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
大切な家族を安全安心な建物に住まわせたいと願うのは、どの人も同じではないでしょうか?

何か大きな事件事故が起きると、法律が整備され、
より良い方向に向かっていくのは当然の事です。

住宅の場合も例外では無いのですが、そのスピード感が遅く感じます。
構造計算のいらない木造建築物は2階建て以下、延べ面積500㎡以下で
高さ13m以下軒高さ9m以下の建築物は4号建築物と呼ばれます。

4号建築物は、4号特例と呼ばれ、建築確認申請の際に構造計算書を
添付する必要がありませんので、審査機関はノーチェックです。
ノーチェックと言っても、構造の安全性を全く検討していない訳ではありません。

設計をする建築士が、3つの簡単な計算方法と8つの仕様に基づいてチェックしています。
3つの計算方法とは、壁量計算、4分割法、柱の接合方法です。
これらの簡易的な方法で、地震力や風圧力に対抗するために必要な壁の量や、
壁の配置のバランスを計算してチェックしています。

8つの仕様は、基礎、屋根ふき材の緊結、土台と基礎の緊結、柱の小径、横架材の欠きこみ、
筋交いの仕様、火打ち材等の設置、部材の品質と耐久性の確認について建築基準法を守る事です。

建築基準法は最低限のルール
建築基準法の第一条に、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する
最低の基準を定めて、国民の生命、健康、財産の保護を図ると書いてある。

最低の基準で国民の生命を守れるのだろうか?

建築士なら誰でも建築基準法(耐震等級1)で、安全と思っている人はいないでしょう。
反対に高いお金を払って家を建てた人も、まさか自分達の家が最低限のルールで
建てられた家とは知らずに購入したり、建てているのが現実です。

4号特例を廃止しして、せめて根拠となる簡易的な計算書の添付と
チエックを義務付けにしない限り、国民の生命を守れる構造とは言えないと思う。

建築する側も4号特例を利用しないで、しっかりと構造計算をするべきだと私は思います。

無料資料のご請求はこちら

カテゴリー: 構造計算 いらない | タグ: , | 二階建て住宅に構造計算はいらないの? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ