真柄工務店公式ブログ


こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。
リフォーム工事中の現場に行って来ました。

壁の石膏ボードを剥がすと、決まりきった
お手軽な断熱材が入っていました。
無垢の木施工例

お手軽と言うのはコスト的にお手軽と言う事です。
安価で手に入れる事が出来る断熱材で、大工さんの壁に詰め込んでおけばいい認識の施工
正にお手軽な断熱材です。
大工さんに頼めば特別に断熱材の施工手間も払う必要もないのです。
その結果、詰め込んでおけばよいと言う認識に成るわけです。

その結果断熱材をめくると結露して、断熱材はカビが生えていました。
結露が住んでいる人の分からない場所ではじまり、
知らない間に家を腐らせてしまいます。
お手軽断熱材

よく断熱材は何が良いのですか?
内断熱と外断熱はどちらが良いですか?
質問をよく受けますが、内断熱でも外断熱でもしっかりと施工すればよいと思います。
私が一番大事だと思うことは、湿度のコントーロールだと思います。
「しっかりとした施工」と言葉で書くのは簡単ですが、
実際どの位の会社がしっかりとした施工をしているか?

実際に気密テストを依頼している会社に、
お話を聞くと本当に悲しくなるくらい少ないそうです。
まあでも、気密テストをする意識があるだけでも、私は素晴らしいと思います。
実際に測れば自分たちの施工精度が分かるのですから、
改善点は見つけて気密性を高めて行くことに成るわけです。

最悪なのは、高断熱高気密と謳っていながら、気密テストをしない施工会社でしょう。
自分の会社の気密に関する施工精度を把握していないのですからね。

気密と言うと息苦しいイメージですが、気密を取らないと
真冬の外部の冷気と室内の暖気が触れ合って結露を起こします。

空気中の水蒸気の量は温度と湿度のよって含まれる量は決まってきます。
暖かい空気は、冷たい空気より沢山の水蒸気を含んでいるために、
気密が悪く冷気に触れる事によって温度が下がり、結露を起こすわけです。

簡単に言えば、500mlのペットボトルに入っていた水蒸気が
温度が下がり350mlのペットボトルに器が変わり溢れてしまうのです。
冬型結露を防ぐ為に、石膏ボードの下に防湿シートを張る
会社もありますが、夏はどうするのでしょう?

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 結露 気密 断熱材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 結露と気密と断熱材 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

昨日は稲城市でT様邸の上棟でした!
上棟式の様子

上棟って家を新築するときに、
柱や梁を組み上げていく作業です。

柱一本一本を大工さんと鳶さんが建てて、その上に梁を掛けていきます。
ふらふらする、僅か12㎝幅の木の上を歩いていくのです。
正に、命かけです。高さ6m以上の所に平均台があり
歩いて行くのと同じですから、怖くて当たり前ですよね。
私も大工の修行時代は、怖くて歩けませんでした。
上棟の様子

今ではレッカー車で重たい材木を吊って、梁が入る場所まで持ってきてくれますが、
当時はレッカー車など使わなく全て人力でした。
重たい梁にロープで結んで、引っ張り上げるのですから、曲芸並みです。

今では上棟前に足場を全て掛けてから、上棟をしますが昔は足場も後からが普通でしたので、
掴まるところもありません。本当に今では、考えられないくらい危険でした。

上棟が終わると、上棟式が始まります。
上棟式は、建物の守護神と匠の神様を祀って、棟上げまで工事が終了した事に感謝して、
以後の工事も無事に工事が完成する事を祈願する儀式です。
その歴史は古く、平安時代から行われていたそうで、
日本だけでなく海外でも似たような儀式は行われているので驚きですね。

上棟式は、東京では簡略され、建物の四隅に塩、酒、米は撒いてお清めをする程度です。
地方では、近所の人にお菓子、餅、お金を投げて振る舞う所もあるようです。
上棟式に使う餅は紅白の丸いお餅です。
これは、ご近所の方と角を立てないで、
何があっても丸く収めると言う意味があると言われています。
昨日はT様のお父様が、福島県からお見えになり、紅白の丸餅を用意してくださいました。
T様のお父様は福島県で大工さんをしているので、余計に身が引き締まる思いでした。

上棟後T様から頂いた鯛を美味しくいただき、
大工さんとT様の期待に応える仕事を誓い合いました。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら

 

 

カテゴリー: 上棟式 丸餅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 上棟式と紅白丸餅 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

和室を造る機会が無くなって来ています。
床の間和室

和室があっても、大壁和室(柱が見えない和室)が殆どです。
大工の仕事の一番の技術の見せ所は、現代の家だと和室だと思います。
それは、柱も全て化粧材で、柱に取り付く鴨居や敷居も全てが化粧材の為、
全て見えてしまうので難しいのです。糸一本の隙間も許されないのです。

昔の家の間取りが、ダイニングキッチンの直ぐ横に、和室6畳を隣接する間取りが多かったです。
一軒に6畳一間は必ずある間取りがほとんどでしたから、自然と和室を造る機会がありました。
しかし、最近の若い大工さんは、殆ど和室を造る機会が無い為に、真壁和室は造る事が出来ません。

大工さんなら出来るでしょう?
驚くと思いますが、大工さんは皆同じでは無いのです。

東京の30代の大工さんでは、真壁和室が出来る人は数える人しかいないでしょう。
写真の様な床の間付の本格的な和室となると、
各段にハードルが上がり、もっと出来る人が、いないのが現実です。

国勢調査によれば1995年に76万人いた大工人口は、2010年には39万人に減少し、
2020年オリンピック開催年には21万人まで落ち込むとされている。

なぜ、大工が減ってきているのでしょうか?

一番は価格競争に巻き込まれ賃金が安定しないので、辞めていく職人さんが殆どです。
一方で、キャリアのある職人さんで無くても、家が作れる様にどんどん合理化されて
組立工が増えて行きます。組立工で良ければ賃金も安くて済みます。
この、悪循環で職人さんも減っていると思います。

これからは、しっかりと仕事が出来る大工さんは
貴重な存在になって行きます。
今までは、大工さんが仕事を貰う立場でした。
しかし、これからは、大工さんが仕事を選ぶ時代に
なって行くでしょう。
自社大工さんがいない工務店にとっては、深刻な問題ですから
大工さんをシェアして職人さん不足をカバーしようとする動きも出てきています。

私の所では、現在20代が1名 30代が3名在籍していますが、
これからも積極的に、若い大工さんを育成していきます。

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 本物 大工 消える | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 本物大工さんが消えていきます はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

来月上棟の現場に、鉄筋検査の
立ち合いに行って来ました。
瑕疵担保配筋検査

この、鉄筋検査は瑕疵担保履行法と
言う法律に基づくものです。

家を建てる時に、瑕疵担保保険に入ります。
この保険に入ると構造耐力上主要な部分と、雨水の侵入に対して10年間保証されます。
万が一施工会社が10年間の間に倒産した後に、
瑕疵が発生しても補修費用は、保険会社より支払われるので安心です。

支払い限度額が2000万円ですが、オプションで
5000万円まで選択できるようになっています。
保険会社の検査員が基礎工事中に鉄筋検査と、
上棟後に耐力壁の確認と構造金物を、現場に見に来ます。
図面通りに施工されていないと、指摘され是正をしなければ
保険の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。
とても、大切な検査です。

建物で、とても重要な基礎工事。
保険検査員が見るのは、鉄筋の配筋状況だけになります。
それ以上見るのは義務付けされていないからです。

基礎工事には、コンクリートがつきものです。
コンクリートにも強度があります。
このコンクリートも設計基準強度と言う
強度設定があるのをご存知ですか?

通常住宅で良く使われる21N/m㎡
なんて言われても分かりませんよね?
簡単に分かりやすく言うと、10cm角の柱が
21トンの重さに耐えられると言う事です。

コンクリートは外気温に左右されます。
その為に温度補正値と時期が地域によって、決められていて
コンクリート強度が設計通りに出る様に、強度を上乗せしているのです。

このコンクリート強度採取試験は、
住宅の場合は義務付けされている訳ではありません。

建築には、義務付けされていない検査や試験があります。
構造計算、コンクリート採取試験、気密測定、
最低でもこの3つは家を建てる工務店に、お願いした方が良いと思います。

最近、ニュースで取り上げられている、地盤の問題。
どうして、あんな事をするのか?
同じ建築の業界人としても、意味が分かりませんし、理解不能です。
真面目に取り組んでいる会社が殆どなのに、
建築業界全体の信用が無くなってしまいますね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 建てる 大切 3つの事 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家を建てる時、確認したい3つの事 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。
先日、新築を計画されているお客様と土地を下見に行って来ました。
敷地調査

土地を購入する際に、お金のかかる土地と
お金のかからない土地があるのをご存知ですか?

お金がかかる土地ってどんな土地でしょうか?
一番大事なのは水道、下水、ガスの
引き込みがされているか確認が必要です。

特に、水道と下水が重要です。

水道や下水が整備されていないと、道路を掘削して、引き込む必要があるので、
100万円近くお金がかかる場合も稀ではありません。
例え水道が引き込まれていても、13mmなど細い管で引きこまれていると、
20mm以上に変更しなければ水圧が不足してしまいますので、
やはり道路の掘削が必要になってしまいます。

次に境界石が設置してあるかの確認が必要です。
特に古い土地などは、境界があいまいで境界石が見当たらない場合に、
測量して境界石を設置するとお金がかります。
近隣とのトラブル防止にも、キチンと確認が大事ですね。

そして、境界と言えば近隣との敷地境にある塀です。
既存の塀の高さが1.2m以上ある場合に3.4m以内に控壁が必要になります。
もし購入する土地に、例えお隣の塀でも控壁が無いと
確認申請が降りない可能性があるのです。
お隣の塀なのに控壁を造るか、1.2m以下に低くしなければ
家が建てられなくなってしまいます。

これらの条件をクリア-にして、いよいよ家を建てる事になっても、まだお金がかかる要素はあります。

家を建てる時に最初にする事は、地盤調査です。
新築計画する際に、地盤が弱いと家は建てる事が出来ません。
地盤が良いか悪いかは、調査をしてみないと分かりませんが、
事前に工務店に近隣データーで調べて貰うことをお勧めします。

地域の近隣データーは、住所を打ちこむと建築地の周辺でどの位の割合で地盤の改良が
行われているか目安に出来る便利なシステムです。
地盤改良も、地盤の強い部分の深さや敷地が全体的に弱いのか、
一部分だけ悪いのかでも費用も変わります。
残念ながらそこまでの詳しい部分は、実際に調査をしなければ分かりません。

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: お金 土地 選び方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | お金のかからない土地の選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ