真柄工務店公式ブログ


内装材の選び方

内装材の仕上げは、石膏ボードの上に張ったり塗ったりします。
一般的に一番多いのが、ビニールクロスです。一番安価で扱いやすく張り替えも簡単です。
色柄も豊富で、柱や下地材が動いてもビニールですので、伸縮に強いのも特徴です。
施工者にとって、クレームになりにくい商品ですので心強い素材ですが
弊社では、ビニールクロスは殆ど使いません。

漆喰施工例

布クロスを選択する

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
弊社ではビニールクロスではなく、布クロスをよく使います。
理由は、通気性がある事と耐久性が高いからです。
布クロスは、綿、麻、絹などから出来ていて、結婚式場やホテルなどに使われる事が多いことからも、
耐久性が高い事が分かりますね。
布クロスはビニールクロスと違い、静電気を起こさないので、ほこりを吸い寄せ付けず汚れにくく、
破れにくいので長い間美しい状態を保ちます。
布クロスのデメリットを上げるとすれば、施工できる職人さんが少ないです。
誰でも張れる素材ではないので、施工単価がビニールクロスに比べて高くなります。
しかし、耐久性はビニールクロスに比べて格段に違いますから、長い間使えるので、結局は安くつきます。

紙クロスの上に漆喰施工

漆喰や珪藻土に、偽物は沢山あります。

漆喰や珪藻土の一番のメリットは、調湿性がある事だと思います。
調湿性が高い素材は珪藻土になりますがコストも高いです。
調湿性は少なくても左官塗り壁の風合いが好きな方は漆喰をお勧めします。

漆喰や珪藻土を選択する方々の理由の多くは、化学物質が苦手な方が多く見受けられます。
漆喰や珪藻土は元々自然素材ですが、固めるためにつなぎ材が必要になります。
固めるために何を使っているかが、沢山出ている商品選びに欠かせない事です。
商品の中には合成樹脂で固めて、珪藻土の成分はほんの少ししか入っていない
製品も数多く存在しますので、しっかりと確認したい点です。

漆喰や珪藻土は割れます。

漆喰や珪藻土は絶対に割れない商品は、無いでしょう。
割れると言っても髪の毛の太さぐらいの細かい割れです。
割れてくる場所は、決まって入隅や出隅が多くみられます。平たい場所はあまり割れません。
割れが入るのは、下地に原因があります。石膏ボードは木材にビス止めされています。
木材はどうしても収縮を起こしますので、動きます。動くことによって、薄くひびが入るのです。
割れ無いためには工夫が必要です。
割れを防ぐには、石膏ボードの上に紙クロスを一度張ってから
漆喰や珪藻土を塗ると割れは軽減できます。
そこまで、予算が無い方は、石膏ボードのジョイントに
薄い鉄板を挟み込むと良いでしょう。
弊社では1年点検時に割れた場所は再施工しています。
内装材の選び方についてお話しましたが、
いかがでしたか?
内装材も様々な特徴があります。一生に一度の家つくりです。
健康的に暮らせて長く使える素材を選びたいですね。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 内装材 選び方 | タグ: , | 内装材の選び方 はコメントを受け付けていません。

強い木造住宅の選び方

先日西東京市で、上棟しました。西東京市で上棟出来るのは大変嬉しく思います。
上棟した現場に行くといつも思うことがあります。
木の香りに包まれて、気持ちが落ち着きます。
そして、暖かい気持ちになるのは私だけでしょうか?
2017-01-28 16.12.44

木材は意外に強い

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
木材は、弱いと思っている方が多いのではないのでしょうか?
コンクリ-トと鉄、木材(杉)とを強度を密度で割った数値で比較すると
圧縮強度は鉄の2倍、コンクリートの9倍、引っ張り強度は鉄の4倍、
コンクリートの200倍くらいあります。
どうですか、木材は軽くて強い素材なんです。
では、木材はなぜ軽くて強いのでしょうか?
木材には細胞間が無数にあり、ハニカム構造になっているからです。
身近なものだと、段ボールがそうですね。後は飛行機の翼もハニカム構造です。

耐震性で言うと、地震エネルギーと建物の重さに比例するので、
家の重さが軽くできる木造住宅は有利です。

木造住宅が地震に弱いイメージの理由その1

木材が強いのに大地震が起こると木造住宅が倒壊しています。
だから、木造住宅は地震に弱いじゃないかと思う方がいるかもしれません。
なぜ、鉄骨造やコンクリート造は、大地震で倒壊が少ないのでしょうか?
答えは簡単です。
鉄骨造やコンクリート造は、構造計算をしなければ必要だからです。
木造2階建て住宅においては、構造計算が不要です。
設計者の判断に委ねられてしまい設計士の力量で決まってしまうからです。
住まいの安全性が、設計士の力量で決まるのは絶対に間違っていると思います。
これから家つくりを考えている方は、全棟構造計算をしている会社さんを、
選ぶべきです。

木造住宅が地震に弱いイメージの理由その2
いくら構造計算をしても、大地震で倒壊してしまう家はあります。
構造計算すれば、大丈夫じゃないの??
そう思う方が殆どですよね。確かに構造計算すれば、地震に強い家になります。
でも、壁内結露が起きて大事な柱や土台が腐ってしまったらどうでしょう。
地下シロアリは、水分が無いと生きていけないので、
結露で濡れた柱や土台にシロアリが来て食い尽くしてしまいます。
内部結露が起きない壁の構成にしなければいけないのですが、
これも十分に検討している工務店を選ぶしかありません。

木造住宅についてお話しましたが、いかがでしたか?
木材は十分に強い素材ですが、構造計算や壁内結露検討を合わせて実施している会社を選ぶ事が、
本当に強い木造住宅を手に入れる方法です。

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 強い 木造 住宅 | タグ: , , | 強い木造住宅の選び方 はコメントを受け付けていません。

床下エアコンの実力

床下エアコンって知らない方が殆どだと思います。
10畳用エアコンを床下に設置して、床下に暖房を入れるやり方で床全体を暖めます。
最近は見よう見まねで採用する工務店が増えていますが、施工には経験値が必要です。
床下エアコンを採用する大前提は、高断熱高気密住宅であることです。
施工例

10畳用エアコン一台で家全体を暖める

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
10畳エアコンで家全体を暖めるなんて嘘でしょ?
よく言われますが、本当です。
私の所ではお客様にお願いして、温度湿度の計測をさせていただいています。
上の画像は小さくて見にくいですが、2016年1月25日の外気温データーです。
赤い線が気温で青い線が湿度になります
2016年1月25日東京稲城市この日の最低気温は、-3.5度です。
それでは外気温と室温を見てみましょう
五十嵐邸外冬

五十嵐邸冬1F

五十嵐邸冬2F

床下エアコンの設定温度は18度運転です。
最低気温を記録した2016/1/25 6時34分の気温-3.5度の時の室温は、
一階で21度二階は20.2度です。
どうですか、一階と二階の温度差は1度未満です。
計測したこの家に吹き抜けはありません。
一階と二階をつなぐ階段部分だけの抜けで家中どこへ行っても
殆ど同じ温度になってしまいます。
これは、家の保温性能が良い高断熱高気密だからこそ出来ます。

測定していただいている、稲城市のお客様は毎月電気料金を報告してくれます。
2017/1月15,247円 2016/12月12,353円 2016年11月8,607円です。
5人家族で床下エアコン、24時間換気を使っていても、家全体の電気代はこの位です。
皆様の家の電気代と比べていかがでしょうか?
家全体を暖房して、この料金はお安いのではないでしょうか。

衣替えするエアコン
私の所では、小屋裏に夏用エアコン床下に冬用エアコンを入れます。
両方とも冷暖房、除湿ができるエアコンです。季節によって衣替えするように
稼働するエアコンを切り替えます。
例えば故障しても、機械自体は8万円で買えますので、10年サイクルで壊れても
2台で16万円です。

床下エアコンに限らず、断熱材の性能についてもしっかりと施工していけば、
きちんと性能はでます。しっかり施工できない会社が評判を落とし、
間違った情報がインターネットに流れてしまいます。
床下エアコンに限らず今はエアコンを使った暖冷房システムは沢山ありますし
全ての物は、それぞれ素晴らしいと思います。
後はイニシャルコストとランニングコストのバランスだと私は思います。

無料資料のご請求はこちら

 

 

カテゴリー: 床下 エアコン 実力 | タグ: , , | 床下エアコンの実力 はコメントを受け付けていません。

サッシ選択の次に気密が重要!

新年あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いいたします。
真柄工務店は1/5から2017年始動を開始しました。
昨年末から始まった打ち合わせルームの新築工事が、2017年3月には完成の予定です。
高断熱高気密での打ち合わせルームで、より快適にお客様との打ち合わせも出来そうです。

真柄工務店では、全棟構造計算、全棟気密テストを実施しています。
昨年度12月は、2棟気密テストを行いました。
2棟共に0.2㎠/㎡でした。家全体で名刺サイズの半分程度の隙間しかありません。
冷蔵庫と冷蔵庫の蓋のパッキンが緩々だったらどうなりますか?
それでは、気密が良いと何が良いのでしょう?
施工例

気密が悪ければ、熱交換気は意味がない

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
気密性が低い住宅では、断熱材をいくら厚くして、
暖房能力を高めても暖かくはなりません。

暖かい空気は上昇して隙間から逃げていき、代わりに隙間から冷気を引っ張り込みます。
暖房しても隙間風のように冷気を感じたことはないでしょうか?
暖房すればするほど、どんどん冷気が入ってくる悪循環が起こります。
せっかくお金をかけて暖房しても、どんどん捨てる事になるのです。
自然と温度差換気をしている状態になります。

2003年から法律で24時間換気が義務化されていますが、換気回数0.5回にして
シックハウスの原因となる有害物質を家から換気で出しましょうと言う法律です。
簡単に言うと、2時間に一回家全体の空気を入れ替える事です。
そこで、せっかく暖冷房した空気をすべて捨てるのでは無く、
熱交換して冷暖房エネルギーを回収する換気扇を熱交換換気扇と言います。

折角高いお金を払って、熱交換型換気扇を付けたのに気密テストもやらないで、
設置するのには疑問が残ります。
熱交換型換気扇には、熱交換率90%など数字が出ています。
しかし、例えば気密が2.0㎠/㎡の時風速6mの風が吹くと、
隙間から家の空気が0.5回入れ替わるデーターがあります。
当然隙間ですから、熱交換はしませんので90%熱交換も意味がなく45%に減るというう事です。
熱交換型換気扇を設置する際は、気密テストの実施の有無を確認してくださいね。
ちなみに、0.5㎠/㎡だと隙間からの空気の入れ替えは0.1回以下になるので、
熱交換率もほとんど変わりませんから、熱損失を少なくしてくれます。
気密テスト

壁内結露を防止する

壁に隙間があると、湿気がその中に入り込んで温度を下げて結露を起こします。
例えば20度で相対湿度60%の空気は、12度以下に下がると結露を起こします。
これは、空気線図と呼ばれる表で簡単に分かるのですが、
温度と湿度によって器が決まっていて、温度が低いと器が小さくなり溢れる現象が結露です。
目に見えな壁の中で結露を起こし、大事な構造体を腐らせてしまいます。大事な構造体が痛んでしまうと、地震にも弱い家となってしまうのです。

気密の重要性ついてお話しましたが、いかがでしたか?
気密が悪いと、省エネのつもりで断熱材を厚くしても効果がなく、
エネルギーの無駄使いになります。
省エネのつもりでつけた、高価な熱交換型換気は機能を半減させ、
挙句の果てに壁体内結露を起こして、地震にも弱い家となってしまいます。
気密は本当に重要なことだと思います。
そして、現場にて気密テストをしっかりと行っている会社
選択する事が何より一番大事です。

無料資料のご請求はこちら

 

 

カテゴリー: サッシ 気密 重要 | タグ: , , | サッシ選択の次に気密が重要! はコメントを受け付けていません。

墨付けと手刻み

今の家は殆どがプレカットと呼ばれる方法で構造材は加工されて現場に搬入される。
プレカットとは、専門の工場で加工される事です。
私が大工の修行時代には、プレカットなどは無くて
大工の棟梁が墨付けと呼ばれる作業で材木を一本一本
材料のねじれや曲がりを見て、使うところ決めていった。
200本近い材木一本一本に、墨汁で材木の継手を記していく。
立体的に頭を使う事が出来なければ出来ない大変な作業です。
棟梁が記した墨通りに、職人が正確に刻んでいくのです。
施工例

プレカットの進出で墨付けの技術は無くなった。

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
私が大工の修業時代は棟梁が墨をつけた柱の穴掘り専門だった。
私と同じ世代の大工さんもきっと同じ経験をしていると思います。
毎日毎日、作業場で柱のホゾが入る穴掘りをしていた。

柱の穴掘りが終わった材料を兄弟子達が、肝心な継手の加工をしていくのが通例で、
早く継手の加工をやりたいと思った。
継手の加工をやるには、まず切れ味が鋭い刃物を造れるようにならないと、
綺麗な継手の加工は出来ない。だから、毎日毎日刃物の研ぎ物をした。
職人と一緒に休憩などできずに、職人達の真横で研ぎ物をするのが日課だった。

東京で育った大工さんだと、40代以下で墨付けや刻み作業を出来る
大工さんは本当に少ないと思う。
もちろん今でもプレカットをしない工務店は東京でもあると思います。
技術の継承の意味で、素晴らしい事です。
加工の際に出る騒音や作業場の確保で、難しい問題もあるけど
是非取り組んでいきたいと思います。
刻み

私の所にも30代や20代の大工はいるけれど、中々教えることが出来ないでいました。
今回増築のある現場があり、丁度良いと思い先日教えましたが、2人共真剣に聞き
小さい増築でしたがとても良い経験が出来たのではないでしょうか。

プレカットが主流になって20年以上経ちますが、プレカットの加工精度はとても進歩していて
上棟時に組み上げても揺れも少なくなっています。
ただでさえ、大工さんが減少していく中で、技術の継承も
大事なテーマになってくると思います。
若い大工さん達の真剣な眼差しを見て、今後も墨付け、手刻みの機会を
増やしていきたいと思いました。

今年一年間有難うございました!
お陰様で沢山のお仕事をいただき、

沢山の素敵なご家族の家を造ることが出来て
感謝の念に堪えません。

来年度も既にお仕事を頂き、
更に飛躍の一年にしたいと思います。

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 墨付け 刻み | タグ: , | 墨付けと手刻み はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ