真柄工務店公式ブログ

» 住宅のブログ記事

強い木造住宅の選び方

先日西東京市で、上棟しました。西東京市で上棟出来るのは大変嬉しく思います。
上棟した現場に行くといつも思うことがあります。
木の香りに包まれて、気持ちが落ち着きます。
そして、暖かい気持ちになるのは私だけでしょうか?
2017-01-28 16.12.44

木材は意外に強い

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
木材は、弱いと思っている方が多いのではないのでしょうか?
コンクリ-トと鉄、木材(杉)とを強度を密度で割った数値で比較すると
圧縮強度は鉄の2倍、コンクリートの9倍、引っ張り強度は鉄の4倍、
コンクリートの200倍くらいあります。
どうですか、木材は軽くて強い素材なんです。
では、木材はなぜ軽くて強いのでしょうか?
木材には細胞間が無数にあり、ハニカム構造になっているからです。
身近なものだと、段ボールがそうですね。後は飛行機の翼もハニカム構造です。

耐震性で言うと、地震エネルギーと建物の重さに比例するので、
家の重さが軽くできる木造住宅は有利です。

木造住宅が地震に弱いイメージの理由その1

木材が強いのに大地震が起こると木造住宅が倒壊しています。
だから、木造住宅は地震に弱いじゃないかと思う方がいるかもしれません。
なぜ、鉄骨造やコンクリート造は、大地震で倒壊が少ないのでしょうか?
答えは簡単です。
鉄骨造やコンクリート造は、構造計算をしなければ必要だからです。
木造2階建て住宅においては、構造計算が不要です。
設計者の判断に委ねられてしまい設計士の力量で決まってしまうからです。
住まいの安全性が、設計士の力量で決まるのは絶対に間違っていると思います。
これから家つくりを考えている方は、全棟構造計算をしている会社さんを、
選ぶべきです。

木造住宅が地震に弱いイメージの理由その2
いくら構造計算をしても、大地震で倒壊してしまう家はあります。
構造計算すれば、大丈夫じゃないの??
そう思う方が殆どですよね。確かに構造計算すれば、地震に強い家になります。
でも、壁内結露が起きて大事な柱や土台が腐ってしまったらどうでしょう。
地下シロアリは、水分が無いと生きていけないので、
結露で濡れた柱や土台にシロアリが来て食い尽くしてしまいます。
内部結露が起きない壁の構成にしなければいけないのですが、
これも十分に検討している工務店を選ぶしかありません。

木造住宅についてお話しましたが、いかがでしたか?
木材は十分に強い素材ですが、構造計算や壁内結露検討を合わせて実施している会社を選ぶ事が、
本当に強い木造住宅を手に入れる方法です。

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 強い 木造 住宅 | タグ: , , | 強い木造住宅の選び方 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った
木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

可変性のある住宅造り?

可変性のある住宅

何のことだがさっぱり分かりませんよね?
新築した時は、皆さん間取りを散々考えて悩んで決めます。
しかし、20年も経つと当時0歳のお子様も20歳になり、
独立して家族構成も変化してきますよね。

でも、その家族構成の変化に家の間取りも
対応できないのが普通です。

そこで、極力間仕切り壁を無くして、家にも可変性を持たすと
家族構成の変化にも対応できる家になると思うのです。

必要最低限の壁は配置します。例えば、トイレ、浴室、洗面
これらは絶対に間仕切りの壁は配置します。

玄関、階段、通路を全て部屋に取り込んでしまえば廊下は必要なくなります。
壁で仕切るのでは無く、引き戸や移動できるパ-テンションで
仕切るようにしておけばプライバシーが必要な時だけ仕切り、
普段は開放的に使うことが出来るので、採光や通風にも有効に使うことが出来ます。

単純に壁を造り部屋を仕切ってしまうと、採光をとる窓は限られてしまいます。
間仕切りを採光性の高い建具で仕切るだけで、
採光も通風確保が出来る大きなメリットが生まれます。

子供室もお子様が小さい時は、わざわざ個室にする必要は無いですよね。
お子様が小さい頃は、広い部屋で使い、間仕切りが必要になった時に
建具を入れて仕切るようにすると良いと思います。
建具でなくても家具で仕切る方法もいいですね。

反対にお子様が独立した時にも、広く使いたければ建具を外してしまえば
広い空間として又使うことが可能になります。
この様に家族構成の変化に対応出来る住宅を造ると
後からリフォームして壁を取リ払う必要も無くなります。

後からリフォームして、壁を壊して家族構成に対応した家に
するのは耐震的にもお勧めしません。

廊下が無かったり、間仕切り壁を少なくしたりと、問題になるのが冷暖房ですね。
家全体を一つの空間と利用する事になるので、冷暖房効率が悪くなります。

この様な可変性を家に持たせるには、
高断熱、高気密の家が条件です。

高断熱高気密の家は、家の中が快適な温度になれば、さほど外気の影響を受けにくく
少ない負荷で室温を維持する事が出来るので、可変性のある住宅が可能になってきます。

勿論、全ての壁が取れる訳ではありません。

耐震的にも十分設計段階で考慮する必要はあります。
今はデザイン性も高く耐力壁にもなる壁材も出ているので
そんなにハードルが高い話ではありません。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 可変性 住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 可変性のある住宅造り はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

施工例

住宅性能表示ってご存知ですか?

簡単に言えば住宅の通知表みたいなものです。
10分野32項目に、1から3点の評点を入れていきます。
設計と建設に分かれていて設計図書段階にチェックするのを
設計住宅性能評価と呼び、実際に工事が始まるとしっかり設計図書通りに
工事が行われているか、検査をする建設住宅性能評価と呼びます。

この住宅性能評価制度を利用する人が、増加傾向にあります。

家を購入する人の約半数近くの人が利用していますが、
これはマンションも含めての割合ですので、
実際一戸建てとなると、国土交通省の発表をみると約10万戸です。

なぜ利用する人が年々増えているのでしょうか?

理由は二つあると思います
一つは第三者機関がチエックをして客観的に評価をする点の安心と、
地震保険や住宅ローンの金利優遇を受けれる事

もう一つは、家を建てる人の意識が変わってきている事です。

大地震の影響もあり、耐震性や耐久性を重視する人が増えてきています。
私の会社にも耐震性を求める人の声が多く聞かれます。
実際に、性能評価を利用している人で
耐震等級3を取得している人が90%を超えてきているのです。

住宅性能評価は瑕疵担保保証とは違い義務付けられていませんので、
利用するかどうかは工務店やお客様自身が判断して利用する物です。
勿論全てを最高評価にすれば良いとは限りません。
何処に重点を置くかが問題です。
評価を上げると当然建築費のコストは上がるからです。

工事をお願いする工務店に、標準的仕様が
どのレベルなのか確認しましょう。

一番大事な3つの項目。
耐震等級レベル、温熱環境レベル、ホルムアルデヒド対策を
しっかりと事前に確認することが大事だと思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 性能 こだわり | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 性能にこだわる人が増えています はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

家の燃費って考えたことありますか?

施工例

皆さんが車を買うときに、絶対に気にする燃費です!

家電にも表示されていますよね。消費電力が少ないから、
お得です、なんて書いてあるのを目にしたことはありませんか?

ところが、車や家電なんかよりも値段が高い住宅は、
どうでしょうか?

残念ながら、燃費を教えてくれる工務店は、数少ないのが現状です。
年間光熱費が同じ10万円でも、室温が快適に保てての10万円と、
寒さ暑さをギリギリ我慢しての10万円では、全然意味が違いますよね。
だから、共通のものさしで測る必要があります。

燃費計算表

では、燃費を良くするためにはどうすれば良いのでしょう?
勿論、断熱性能、気密性能、サッシの性能は深く関わってきます。
しかし、建物にも工夫が必要になってきます。

理想の家は、夏涼しくて、冬は暖かい家です。
その為には、太陽の光を味方につけたり、
敵に回す必要があります。

冬の日差しは、積極的に室内に取り込んで置けば置くほど、
暖房費は確実に下げる事が出来ます。
しかし、反対に夏に同じような事をしてしまうと、
電気スト-ブをつけながら、エアコンをつけるような事になってしまいます。

昔の家は軒が深く、窓の上に庇があったのは
この夏の日差しを室内に取り込まない工夫の一つでした。
しかし、最近の家はデザイン優先で、軒の出が無い建物が、多く目につきます。
勿論、都内では敷地も狭く軒の出を出せない物件も数多くあります。

それでも、窓の上に庇を付けるだけで、庇の出が30㎝で高さ1.4mの高さ
、庇の出45㎝で掃き出し窓の日差しをカバ-出来ます。
庇が難しい場合は、すだれをかけたり、後付けのシエ-ドなどでも十分効果があります。

この様に自然エネルギーを味方につけて、熱を室内に蓄えたり、
エアコンで効率よく冷やしたりで室内に保冷をしても、
断熱性能が悪ければこの蓄熱や保冷が出来ないのです。

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 燃費 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 建物にも燃費表示の時代? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ