西東京・多摩で高断熱高気密、床下エアコン、自然素材・無垢材の新築・注文住宅 | 真柄工務店

ブログ

BLOG

高断熱高気密住宅

2021年1月13日

注文住宅と規格住宅、どちらがお得?メリットデメリットから考える 2/2

昔からあった注文住宅や、建売。
それに加え最近は、
規格住宅という単語を

目にする機会が増えてきました。

注文住宅と規格住宅は、
何が違うのか…?

前回は注文住宅の側面から考えてみましたが、
2回目の今日は、
規格住宅をメインに

それぞれのメリット・デメリットをお伝えしますね。

  • 規格住宅メリット1 わかりやすい
  • 規格住宅メリット2 打合せ回数が少ない
  • 規格住宅メリット3 明朗会計
  • 規格住宅デメリット1  土地形状に合わない
  • 規格住宅デメリット2  間取り変更ができない
  • 規格住宅デメリット3 素材は選べない
  • 結論 規格住宅はこんな方に向いています

規格住宅メリット1 わかりやすい

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

規格住宅の最大のメリットは、わかりやすい!

図面や立体模型などで見せてもらい、
情報を組み合わせて、
頭の中で完成映像をイメージするしかない注文住宅と違い、

モデルプラン、
またはモデルルームを見て体感することができるので、

完成映像が容易に
リアルにイメージができるんです。

わからないことが人を不安にさせますから、

わかりやすい規格住宅は、
安心して家づくりができるということが、
最大のメリットです。

規格住宅メリット2 打合せ回数が少ない

オーダー品である注文住宅は、
ドアノブ、洗面ボウルなど
細部まで選ぶことができますが、

それは結果、
打合せ回数が長く、時間がかかる。

ことに繋がります。
反面、規格住宅は選択できる範囲は狭いですが、
打合せ回数が少なくなります。

選択できる範囲は、
建設会社により異なりますが、

無から有を生み出すって力仕事。

建築会社が最良と選んだアイテムから、
自分の好きな素材を選ぶというのは、

つまりはセレクトショップ!?ですよね。

セレクトショップのオーナーと
嗜好があえば、
厳選されたアイテムの中から選ぶ作業はワクワクします。

規格住宅で失敗しないポイントは、
建築会社の嗜好が自分にあっているか。

ということになりますね。

真柄工務店での施工事例 タイル壁
真柄工務店での施工事例 タイル壁

規格住宅メリット3 明朗会計

定額制の規格住宅も増えてきました。

いわゆる回転寿司です。
メニューのないお寿司屋さんと違い、
回転寿司はお皿で単価がわかりますが、

定額制の規格住宅も、
回転寿司と同じです。

形や大きさの違うプランがあり、
自分の好みで選び、
あとは坪数をかければ金額がわかる。

明朗会計、やっぱり安心ですね。

規格住宅デメリット1 土地形状に合わない

規格住宅の自由度は、
建築会社により異なりますが、

プランの形状が決まっていることが一般的です。

そのため変形な土地には、
建てられないケースもあり、
既に土地を持っている場合は、

事前の確認が必要になります。

規格住宅デメリット2 間取り変更ができない

規格住宅は、
多少の間取り変更以外は
できないケースが多いです。

例えば、浴室を2階にするなど、
注文住宅ではライフスタイルに
合わせた間取りが可能ですが、
規格住宅では難しい。

立地条件によっては、
リビングを2階にもっていきたいような場合は、

注文住宅の方が、
快適な暮らしが手に入る可能性が高いです。


オリジナル・アイアン・スケルトン階段
オリジナル・アイアン・スケルトン階段

規格住宅デメリット3 素材は選べない

規格住宅は、
建築会社が用意したメニューの中から、
すべてを選びます。

メニュー内容に納得できない場合、
満足度の低い家になる可能性があります。

契約前に、メニュー内容の提示はしてもらます。

でも往々にして、
家づくりが進んでいく中で、
知識が増え、希望内容が明確になっていくため、

最初は納得していたけど、
やっぱり違う素材が使いたい。

という欲求が湧き出てくることが多いんです。

その時に、
別料金を支払ってでも
選ばせてくれる建築会社であれば、
広がりますが、

ほとんどの場合、NG、なんです。

人生で一番高い買い物で、
ガッカリ…、とならないように、
契約前に、確認をしっかりとしておいてくださいね。

結論 規格住宅はこんな方に向いています

規格住宅のメリットデメリットを
注文住宅と比較しながら、
お伝えしてきましたが、

規格住宅は、こんな方に向いています。

  • 打合せ時間が取りにくい方
  • 土地形状が四角に近い
  • 家にかけるコストを抑えたい
  • 建売では納得できないが注文住宅はちょっと…

注文住宅と規格住宅について、
その違いを、2回にわたって考えてきました。

家づくりには他に、
建売、フルオーダー注文住宅、セミオーダー注文住宅、
建築条件付き、そして大型リフォームなど、
色々な種類があります。

建築会社によって、
その定義に違いがあるため、
家作り初心者にとっては、

分かり難い、という印象は否めません。
ご不安なことがありましたら、
気軽にご相談いただければ嬉しいです。

真柄工務店は高断熱高気密と、
自然素材が標準仕様。

床下エアコン
床下エアコン

真柄工務店へのお問い合わせはココから
資料請求がまだでしたら、
こちらから資料をご請求くださいね。

投稿者:由紀子眞柄
カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者