西東京・多摩で高断熱高気密、床下エアコン、自然素材・無垢材の新築・注文住宅 | 真柄工務店

ブログ

BLOG

2021年10月20日

子供部屋に使いたい内装とレイアウト

自分で部屋作りをしようという年齢には届かない
子供たちの部屋作りはなかなか大変ですね。

基本的には保護者が内装やレイアウトを考えることになりますが、
最も大切なのは、部屋を使用するのは子供だ
ということを意識しなくてはなりません。

子どもの目的と動線が余計なものに遮られないような空間。
空気の循環が良い内装が整っていたら基本はOK。

せっかく部屋を渡しても、子供の動線から外れると
その部屋は寝るためだけの部屋になってしまいますね。

シーンで分ける子供部屋レイアウト

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

子供部屋で子供がすることといえば、睡眠や勉強、
室内遊びが中心です。

子供部屋

親としては子供部屋を与えたからには、
その部屋を大切に自立に向けてほしいですよね。

それにはまず、勉強する時は勉強する、
寝る時は寝るといったように、生活のシーンごとに
切り替えができるレイアウトがお勧めです。

学習机とベッドを背中合わせに

最近のレイアウトの傾向で多いのは、
勉強机は部屋には置かず、勉強はリビングで
というようなスタイルです。

それは目が届く場所で、手を差し伸べられ、会話を
絶やさないという観点からは、レイアウトの1つの
方法だと思います。

それでも部屋に勉強机を置く場合は、
学習机とベッドを背中合わせにするレイアウトがおすすめです。

背中合わせにすることにより、勉強している間はベッドが
視界に入らないようになります。

ベッドの長辺側を背中にするか、短辺側を背中にするかは
部屋の形にもよりますが、コンパクトに収まるのは長辺側を
背にするレイアウトでしょう。

クローゼットや本棚は、机とベッドを置いた後に
残ったスペースへ配置するようにします。

椅子を引いた際や扉を開けた際など、
使う際に余分なスペースが必要になるものに注意しながら、
収まりの良い配置を探してみてくださいね。

空気の流れが良い環境を

レイアウトと同時に大切なのは、
その空間が身体に心地よい事。

子どもは解りやすいです。

太陽の光がサンサンに入った部屋は暖かいと感じるし、
風通しが良いと心地よいと大人以上に感覚で
感じると言われています。

その環境を作り出すには部屋自体に呼吸させられる
ような内装にしてあげる事も子供部屋を作るときの
一つのアイデアですね。

自然素材の内装材

部屋を渡すことは、自立を促すとも言われています。

その部屋で過ごすのは、0歳から考えても20数年の話。
その中でも1日数時間、大した時間を過ごすことはない
部屋だからこそ、その部屋で過ごす時間は心地よいものに
してあげたいですね。

自然素材は、その心地良さを体感できる素材です。

もちろん、大人より代謝がよい子供たちにも
自然素材はお勧めですね。

当社にも、どの部屋に自然素材を使うと
良いですか?などというお問合せも良く頂きます。

皆さんリビング、寝室、子供部屋に使おうと思っている
んですが・・・どこかおすすめは?という内容です。

正解は無いのですが、

直感的に、「心地よくいて欲しいな」と
感じるところに使って頂くのが一番です。

子供部屋も親心から、「できるだけ…」と
考えるんだと思います。

いかがでしたか

子供部屋は子供が子供自身の時間を過ごす大切な空間です。

勉強などに集中できるレイアウトにすることはもちろん、
子供が毎日快適に過ごせるようなインテリアや内装材を
選んであげたいですね。

自然素材は子供部屋にもピッタリ。
壁は珪藻土や布クロス。
床は無垢のフローリング。

心地よさの保証は100%です。
ぜひ資料を手に取ってみてくださいね。


真柄工務店では現場見学会なども
開催していますが、

資料請求がまだでしたら、
こちらから資料をご請求くださいね。

無料資料のご請求はこちら

投稿者:真柄 由紀子
カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者