西東京・多摩で高断熱高気密、床下エアコン、自然素材・無垢材の新築・注文住宅 | 真柄工務店

ブログ

BLOG

2022年4月18日

新築リフォーム 施工エリアについて当社の考え方

新築リノベーション、大規模リフォームの、
建築会社選び、迷いますよね。

一生に一度、
もしくは人生最後リフォームかもしれないと思うと、
簡単には決めらない気持ち、わかります。
ポイントを1つだけあげるとしたら、

近くの会社を選ぶべし!

遠方の建築会社を避けた方が無難な理由も交えながら、
解説をしていきますね。

近い建築会社を選んだ方が諸経費が安くなります

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

建築会社は施工エリアを決めています。
サイトで紹介している通り、
当社でも施工エリアは決めています。

施工エリア外での建築工事を
ご相談いただくこともあるのですが、
すべてお断りさせていただいています。

それは遠方での工事は、
どうしても割高となってしまい、

結果的に、お客様の予算内に収まらなくなるからなのです。

諸経費とは、建築工事に直接関わらない、
例えばガソリン代や、駐車場代などの経費が含まれます。

往復2時間のエリアと、
4時間かかる場所では、
諸経費が変わってくるのです。

カーボンニュートラルの視点から、
今後ますますガソリン代などの高騰が考えられます。

新築リフォームに関わらず、
予算があることが一般的。
その予算を、
諸経費で大きく消費しないためにも、

当社では施工エリア外での工事は、
お断りをしています。

近い建築会社はアフターフォローが素早い

新築やリノベーションはもちろん、
大規模リフォームなど、
工事完了後に気なる箇所が、
出てくることがあります。

そういったことが
最小限になるように工事をさせていただいていますが、
建具の調子が悪いなどの声を、
頂戴することがございます。


お客様のお住まいが近ければ、
「ついで」に立ち寄ってチョコチョコっと
補修をさせていただくことが難しくないのですが、

ちょっと離れていると、
タイミングよくお邪魔できずに、
結果としてお客様に
ご不便を長くお掛けしてしまうことになります。

当社では土地がみつかる前から、
家づくり相談を、
させていただいている関係上、

みつかった土地が、
結果的に施工エリア外となるケースもございます。

正直な話、
その相談にも経費がかかっていますから、
できれば契約をさせていただきたい。
でも、お断りしています。

先日も、強くお近くの建築会社を探すようにオススメしたケースがありました。

家族構成は高齢の母上と、
定年近い娘さんとの二人暮らし。

母上は郷里から引っ越しされる。
娘さんも、その土地に知り合いがいるわけでもない。
となると引っ越し当初は、
頼れる知人が近くには、いないということになります。

広い土地で、
庭仕事や畑仕事を楽しみながら
晴耕雨読な暮らしを予定されていました。

・地震で建具が動きにくくなった時
・台風でガラスが割れた時
・部屋の温まり具合が良くない時

男手がない家族構成で、
ちょっとしたことを、
すぐに対応させていただいた方が利便性が高まります。

距離があると当社が
すぐに動けるとは限らない。

2-3日後の手直しと、
その日に対応してくれる会社との比較なら、
当日対応が、有難い。

ちょっとしたことって、

日々の暮らしに、
意外とジャブを効かせてくるもの。
だから、お断りしたのです。

オンラインが進んでもリアルで工事現場を確認できないリスク

建築工事って、不測の事態が出ることが当たり前。

どんなに緻密に組み立てても、
アレ?となることは避けられません。

・そういったことを事前に回避する力
・起こってしまった時に問題なく解決する力
・スピーディーに対処する力

これらが備わっていれば、
工事ミスに発展しないのです。
だからこそ私たち元請けが
建築現場を確認する必要があるのです。

オンラインが進んだから問題ないという側面も、
もちろんあります。

右腕がいるから大丈夫、
そういう建築会社もあります。

でも現場で実際にみるのとは違います。

車のデザイナーで、
日本とイタリアを行き来していた方が、
今は画面での確認でGOサインを出すことに
不安があるとおっしゃっていました。

まさにその心境なのです。

売り上げが安定している建築会社は近くだけで工事をしている

建築会社の側面から考えると、
近隣で工事をした方が経費も安く収まるし、

アフターサービスも手厚くできて、
お客様満足度も高めることができ、
紹介してもらえるチャンスが広がります。

近くの方が、メリットがたくさんあります。

それでも2時間以上かかる場所の
建築工事をする会社には、
3つのパターンがあると感じています。

1)実績が欲しい

新しい会社は、実績を増やしたいと考えます。
ちょっと遠くても、
施工事例を増やしたい。

こういう会社は、丁寧に対応してくれて
ある意味狙い目かもしれません。

2)とにかく売り上げが欲しい

経営がうまくいっていないと、
ちょっと遠いけれど…と発想になります。

そこから持ち直してくれれば問題ないですが、
倒産してしまったら、
無料でメンテナンスするチャンスを逃してしまいます。

3)建て主の強い希望

これを理由にあげる建築会社が多いのですが、
先日、建築場所が神奈川県。
建築会社が九州の親戚というケースに出会いました。

飛行機はマイルを使って工夫したとしても、

親戚だからといって
利益ゼロでは工事を請けません。

当社ならば、
遠い親戚には建築会社選びから、
建築途中の不安事も、

無料でアドバイスをするという方法を選びます。

近くに、納得できる建築会社がない!?

お客様が建築会社を決めるポイントは、
以下の4つが中心になります。

・好みが合う
・求めていた構造
・担当が話しやすい
・予算が合う

ここに距離を加えると、
限られてしまい建築会社がみつからない!

というお声をいただくのですが、

建築会社って山のようにあります。
必ず近くにあります。

憧れの建築会社が、
蓋を開けてみたら大したことないことも、
少なからずあるもの。

建築工事は、
人間が関わるアナログな作業。

だからイメージよりも、
担当してくれる営業マン、
担当してくれる現場監督や職人さん、

それぞれの連携プレーが大事。
総合的に点数をつけて決めましょう。

この建築会社しかない!

なんてことは、
絶対にありません。
恋は盲目と言いますが、
建築会社選びにも、

冷静な判断が必要かもしれないですね。

近い建築会社を選ぶこと、納得いただけましたでしょうか。

新築でも、
リフォームでも、
家は建築工事が終わって完了ではありません。

手直し、は大袈裟としても、
寄り添って暮らすことで、
長持ちし、
孫子の代まで住むことができます。

当社の施工エリアでの建築ご検討なら、
資料をご請求くださいね。

無料資料のご請求はこちら

投稿者:真柄 由紀子
カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者