西東京・多摩で高断熱高気密、床下エアコン、自然素材・無垢材の新築・注文住宅 | 真柄工務店

ブログ

BLOG

2022年5月30日

新築の見積もりは何社からとるべきなのか?

買い物をする時、
相場がわからないと高いのか、安いのかの判断ができません。

だけど今の時代、相場ってあってないような気がします。

価格差が大きな違いであれば、
判断がしやすいですが、
スペックが細かく違う家電品なんて、悩みます。

毎日買うタマネギでさえ、
普通のタマネギと、有機のタマネギ、そしてブランドタマネギ。

どれも同じタマネギだし、
日本は流通規格が厳しいから形も整っています。
普通のタマネギが不味いわけでもありません。

となると最終的にはお財布の残高と、
自分の好みです。

価値がわからないままブランドタマネギを買っても無駄なように、
ただ漠然と
見積もりを取り続けているだけでは、

新築は成功しないんです。

新築の見積もりは素人では判断がし難い

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

ポータルサイトから一斉に資料請求をして
数社から新築の見積もりをとる。

新築の見積もりは数社から取得することを
推奨しているポータルサイトや専門家が、
まだまだ多数いらっしゃいますが、
疑問に感じることが多々あります。

新築の見積もりを素人が読み解くことは、すごく難しい。

建築用語は多いし、
その使い方も各社によってマチマチです。

新築の見積もりのフォーマットもバラバラだから、
細かく詳細を記載している会社もあれば、
ザックリ一式という会社もあります。

細かく詳細を記載している会社が親切だ、
という専門家もいらっしゃいますが、

判断する知識がなければ、読み解くことも難しい。

結局、釘の数が違うとか、
自分が理解できる文字に注目してしまったり、
金額だけで、
判断せざるを得ないケースも出てきます。

でも新築って、金額だけで単純に判断できる買い物ではないですよね。

例えばパソコンを買う時、
メーカーによって、機種によってできること、
できないことが違ってきます。

お値段は安くても、
ソフトをすべてインストールしないと使えないパソコンもあれば、

値は張るけれど、
ワードもエクセルも入っていて、
電話サポートが無料でついていて、
今日から使えるパソコンが、私には有難い。

だからヨドバシカメラに行くと、
パソコンで何がしたいのか、どれぐらいの知識レベルがあるのか、
担当の方が、
たくさん質問をしてきてくれます。

その上で、出せる予算を聞いて、
適切な機種を提案してくれる。

10万円程度のパソコンですら、
スペックから判断するのに、

一生に一度の高い買い物である新築を、

判断がし難い見積金額を最重要ポイントにするのは、
ものすごく勿体ないことなんです。

1円でも安い家が良いのなら建売がいい

基本性能が整っていれば、
新築は安ければ安い方がいい。

ということであれば建売やマンションがオススメです。

すでに出来上がっている建売や
自由度の少ないマンションは、
パソコンを購入する時と
同じ感覚で決断ができます。

建売とはいえ、
パソコンよりも高額だし、高付加価値商品です。

平米面積と、スペックを比較しながら、
自分にとってピッタリの新築と、
出会えるといいですね。

低価格で個性を出したいのなら規格住宅がいい

不二家のケーキと
パティシエのケーキ。

パティシエが作ったケーキは、お高い。

不二家は工場でつくり、
パティシエは1つ1つ手作りをしているから、ですよね。

新築も同じです。

完全フルオーダー注文住宅と、
規格型注文住宅があります。

規格型はパターンが決められていて、
その範囲の中で微調整したり、
決まった部分を工場でつくり、
それを組み立てることで価格を抑えています。

不二家のケーキと似ていますね。

スポンジを工場で焼いて、
お店でデコレーションする。
お誕生日用のプレートや、
イチゴやクッキーはお店でのせます。

だからって不二家のケーキに遜色はありませんし、
上に乗せるクッキーも、
色々な種類が用意されているから、
オリジナリティー溢れるケーキが完成します。

規格型住宅も同じです。
だから、しっかり個性的な新築になりますから安心してくださいね。

概算見積もり、当社はこんな風に考えています。

ポータルサイトで数社に新築の見積もり依頼をする。

依頼する側は、
クリック1つで済みますが、
見積もりをつくるのは、
相当な時間と労力を使います。

だからポータルサイトから依頼された見積もりは、
1つ1つ丁寧には作れないので、
概算見積もりが多くなります。

概算見積もり。

概算見積もりを提示させていただく場合、
当社では、最大にかかる金額をお出しするようにしてきましたが、

一般的には、一番安い金額で提示することが多いようです。

そのため見積もり負けが多いですが、
金額だけで判断されるのであれば、
致し方ないと考えています。

特に最近は、
コロナとウクライナの戦争により、
建築資材の多くが値上がりをしてしまい、
その動きは止まりません。

今の状況を考えると、
とても安い金額で見積もりを出すことは難しい。

当社では、
建て主様が、家を手に入れるために、
常に最善の案をご提示できるよう努めています。

社会情勢が厳しい時代だからこそ、
真摯に向き合っています。

少々不器用な会社ですが、
真柄工務店に関心を持っていただけたら、
下記から資料請求をしてくださいね。

無料資料のご請求はこちら

投稿者:真柄 由紀子
カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者