真柄工務店公式ブログ

» 完成見学会のブログ記事

床下エアコンの家完成見学会のお知らせ

少し春が近づいている感じがしますが、まだ朝と夜は肌寒いですね。
今週末にお客様のご厚意のより完成現場見学会を行います。
床下エアコン+内断熱+外断熱の低燃費住宅です。
床下エアコンをご存じない方、壁掛けエアコンとの違いを知る
絶好の機会ですので是非いらしてください。
お問い合わせはこちらからお願いします。
https://www.magara-koumuten.co.jp/contact/

施工例

家にも燃費があります

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
家の燃費?車の燃費は皆さん一生懸命気にされますが、
家の燃費と言う概念があまりないせいか、殆どの方は気にされません。
国が推し進めている平成28年度省エネ基準の外皮性能では,
残念ながら冬は暖かくないですし夏は涼しくはありません。

燃費計算

結局高断熱住宅がお得になる

燃費計算表を見て下さい
平成28年度基準の家と私達が造る家との燃費比較です。
年間115000円の差があるのです。
この家を35年間使うとなると、その差額は400万円を超えます!
差額の半分を家の性能を上げる事に使っても、まだお金は残ります。

数字に表れない快適性

快適性は決して数字で語ることはできません。
家の中でどこに行っても殆ど室温に差がない空間に住むことは、
ストレスが無くなりヒートショック死を防止します。
ヒートショック死でお亡くなりになる方は、年間約1万9千人。
交通事故死より約5倍近い方が、本来安全な家の中で亡くなっています。
お亡くなりなっている方の多い順番を都道府県別にみてみると
高断熱高気密住宅が多い北海道、青森県は全国でそれぞれ46位、44位です。

家の燃費についてお話しましたが、
いかがでしたか?

家の燃費性能を上げることは、もちろんお金が通常よりもお金がかかります。
上乗せした金額は将来的には、回収することが出来るために結局はお得になるのです。
目に見えない場所にお金を掛けることが、結露やカビを解消し、家も長持ちするので
大変お得になるのです。
燃費性能が悪く長持ちしない家を造るか、最初はお金が掛かっても、燃費性能が良く
長く使える家を建てるかどちらが良いですか?

国も長く使える燃費の良い家を普及させることに対して補助金を出しています。
国の補助金を上手く活用して、是非お得な家を建てたいですね。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 燃費 完成見学会 | タグ: , | 床下エアコンの家完成見学会 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

先週末は、完成現場見学会でした。
自然素材リビング

土曜日は先ず先ずの天気でしたが、日曜日は残念ながら雨模様でした。
それでも、沢山のお客様にご来場いただき有難うございました。

また、快く見学会にご協力いただきましたI様有難うございます。

日曜日は雨と言う事もあり気温が下がりましたので
床下エアコンが威力を発揮していました。

床下エアコンは、10畳用エアコンを床下に入れて
床下を温めるだけのものです。
フローリングに開けてある吹き出し口から、
風量を感じることなく家全体を温めるものです。
この日は20度自動運転でしたので、室温が20度に
達した時点で停止していましたが、1階で21度2階で19.5度でした。
ご来場いただいた皆さんは、とても驚き気に入っていただけました。

見学が週末終わり、月曜日にI様にお引渡しをいたしました。
I様との出会いはホームページからのお問い合わせでした。
I様のお父様は福島県で大工さんをしています。
私も大工と言う事で、お問い合わせをいただいたのかもしれません。
初めてI様にお会いした時に、とても明るいご家族で
一緒に家造りを楽しんでいける感じがしました。
その後私が造った家を見て頂き、ご契約を頂いた訳ですが
私にとっては、楽しい家造りは短く感じましたし、お引渡しが寂しく感じました。
I様ご家族

私は今まで100棟以上家を造ってきましたが、
正に私が理想にしている「ご家族と一緒に造る家造り」に
当てはまる思いで深い1件になりました。
お引渡してからが、本当の長いお付き合いになります。
I様今後ともよろしくお願いします。

真柄工務店は、自然素材を使い温もりのある家を
造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 笑顔 お引渡し | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 笑顔いっぱいのお引渡し はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店代表の眞柄大介です。

先週末に、二日間東久留米市で完成現場見学会を実施しました。

日曜日はお昼頃から、雨が降りお客様の足が止まりましたが、お陰様で37組のお客様がご来場下さいました。ありがとうございます!

見学会風景

殆どのお客様が、建物内部に入ると口々に「暖かい!」次に「何故?」の連続でした。
来場されたお客様の声を聞くと、やはり今住まわれている家の不満点は、
「暑い寒い」の室温の事でした。「この家は、自然で居られる。春みたい。」の感想が多く、室温のバリアフリ-を願われている方が、数多く多く来場されました。

この家は床下にエアコンを入れて1台を20度運転しているだけですが、1Fと2Fの室温の差が殆ど無いので、快適に過ごせます。

下のグラフは、2Fの洋室の室温変化です。1Fエアコンの一台で、動かし始めから直ぐに、2Fの室温がほぼ一定しているのが分かります。

無題2この様な事が起きると、すごく断熱している様に思いますが、
50mmの板状断熱材を1枚外張りにしているだけですし、
家全体の隙間を測る、気密測定で出たC値も0.4C㎡/㎡です。

来場されたお客様の、特に多く寄せられた質問が、
「外断熱と内断熱どちらが良いのですか?」でした

どちらが良いでは無く、どちらの工法にしてもキチンと施工できれば、同じだと思いますし、何よりもしっかりと気密を取る事が一番大事です。
究極を言えば、バシップハウス的家は、外断熱(付加断熱)と内断熱を組み合せて性能を上げています。
これからは、内断熱と外断熱の組み合わせによる、ダブル断熱が、当り前になるでしょう。
それが東京で必要かどうかは別ですが、冷暖房費は確実に下げることができます。

断熱よりも費用対効果が如実に表れるのは、窓(サッシ)の選択になります。

家全体で熱の出入りをしているのは、殆ど開口部からです。
折角、冷房や暖房してもサッシの性能が悪ければお金を掛けて冷暖房したのに、
直ぐに捨ててしまっている状態なので、部屋はなかなか居心地の良い空間になりません。

細かい数字の話をしませんが、下の画像は一般的なアルミぺガラスと、樹脂と金属の複合型ぺガラスの熱画像です。

熱画像

高性能窓熱画像

画像を見ても分かる通りに、上の画像が一般的なアルミペアガラスで、下の画像が樹脂と金属複合型サッシです。明らかに窓の表面の温度が違いますよね。

窓の数や家の大きさにもよりますが、30万位の差額で高性能の窓に変える事が出来ます。

住宅設備にお金をかけるよりも、まずは窓など家の性能に、お金をかけた方が良いと私は思います。

設備は後からでも替える事は出来ますが、家全体の性能を後から上げるのは、新築時に比べて費用が嵩むからです。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 断熱 サッシ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 断熱とサッシの選択 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2020年1月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ