真柄工務店公式ブログ

» 換気のブログ記事

気密と換気の関係

最近は日曜日も営業しているので、休みが取りにくいですが大変ありがたいです。

先日も稲城市の現場と武蔵野市の現場で気密テストを行いました。

稲城市が延床面積58坪で0.2C㎡/㎡ 武蔵野市が延べ床面積32坪で0.3C㎡/㎡でした。弊社の基準が0.5C㎡/㎡ですから2件とも合格です。

【画像】

 

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。

今日は気密について、書いてみたいと思います。

そもそも、気密ってどうやって測るのか?ご存知ですか?

気密性を表す数値をC値と呼びます。これは、床面積当たりどの位の隙間があるか?

設計上の数値では無く実際の現場にて、気密測定の専門の資格を持った方に測定した頂くものです。

写真のような機械で、大きなファンで室内空気を外に出して気圧を測定します。

低気密住宅だと隙間多いので、直ぐに隙間から外気が入って来るために気圧の変化はありませんが、高気密住宅は隙間が無いので、室内の気圧は低くなってくる仕組みです。

外に出した空気の量と室内外の気圧差を測る事で隙間の面積を計算します。

 

 

C値(隙間相当面積)の基準値はあるの?

C値(隙間相当面積)ですが、平成11年に国土交通省は「次世代エネルギー基準」の中でC値を設定しています。

この基準値で例えば東京は5.0㎠/㎡ 床面積120㎡のお宅では600㎠(20cmx30cm) 約A4サイズ用紙位です。弊社の平均値0.3㎠では同じ床面積120㎡のお宅では36㎠(4cmx9cm)名刺より小さいサイズ。どちらが寒い家になりますか?

気密が悪いと換気は機能しない。

現在法律で24時間換気が義務化されています。2時間に一回、部屋の空気を入れ換えが出来るように換気計画が必要です。

換気は空気に入り口と出口を決めて、新鮮な空気を入れて、汚れた空気を外に出そうと言うものです。

気密の悪い住宅は、掃除機のホースに穴が沢山開いている掃除機で掃除するのをイメージしてみてください。多分相当吸う力は弱いですよね?

気密の良い住宅は、ホースの穴が開いていないので、キチンと吸うことが出来ます。

要は、しっかりと決めた所から、新鮮空気を取り入れることが出来て、決めた所から決めた量の汚れた空気を排出できるのです。

気密が悪いと汚れた空気をしっかりと出せないので、汚れた空気を体に入れる生活になります。

気密が悪いと熱交換機は意味がない

気密試験も行なわないのに、熱交換機を使って熱交換率70%ですから省エネです。

そんなお話をする方がいるそうですが、気密が悪いと熱交換機を通ることなく隙間から入ってきます。この隙間から入った空気の熱交換は出来ません。

例えば、C値2.0㎠/㎡の家で風速6mの風が吹けば、隙間風によって家の空気は0.5回入れ替わります。これは熱交換機1時間の換気量と同じです。この隙間風は熱交換をしないので、風が6m吹くと熱回収は35%に落ちてしまします。

これが、C値0.5㎠/㎡だと同じ風速6mでも0.1回の入れ替えですから、殆ど影響を受けることが無いです。

 

いかがでしたか?

気密と換気の関係性を書いてみました。

断熱*換気*気密この三つは全てセットです。

断熱材をいくら数値の良い断熱材を使っても、気密がしっかりしてないと断熱材はその数値を発揮できないし、いくら高性能な換気装置をつけても狙った換気計画は出来ないのです。

無料資料のご請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 気密 換気 | タグ: , | 気密と換気の関係 はコメントを受け付けていません。

シックハウスと換気

シックハウスと言う言葉を聞いたことがありますか?
殆どの方が聞いたことがあるのではと思います。そもそも、工業製品で家が作られる様になって来たのが原因です。昔の家には、接着剤を使った仕上げ材も構造材もありませんし、作る技術も無かったからです。
自然素材施工例

換気で科学物質を排出

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
シックハウス対策として、建築基準法で平成15年シックハウス対策法が制定されました。
内装に使われる接着剤等に規定を設けています。
13種類の化学物質リストの中で、ホルムアルデヒドとクロルピリホリスの
2種類だけを規制し残る11種類は指針値を示すだけとなりました。

F☆☆☆☆(エフフォースター)を使っているから、健康住宅だとアナウンスしている方がいらっしゃいますが、F☆☆☆☆(エフフォースター)はホルムアルデヒドの濃度が一番低い建材につけられるマークで、決して安全ではありません。
そこで、24時間換気を義務付けして空気を汚さない様にしたのですが、
高気密住宅以外では、換気に頼ってもきちんと計画換気は出来ないのです
換気が機能しないと、空気の入れ替えは出来ないので汚れた空気を吸い続けることになります。

気密と換気の関係

気密と聞いただけで抵抗を感じる人がいるかもしれませんが、気密化の目的には以下の様な事が挙げられます。
1隙間風を防ぎ、省エネ性快適性をアップさせる
2断熱材の実力を発揮させるため
3壁内結露防止、壁内に湿気の流入を防ぐ
4計画的な換気
なぜ、計画的な換気と気密が、関係があるのでしょうか?
それは、例えばストローでジュースを飲むときに、もし仮にストローが穴だらけだったらうまく吸えないですよね?それと同じ現象が起こるからです。
機械換気の近くの隙間から空気を引っ張ってしまい、機械から離れた場所の空気を動かすことが難しくなってしまいます。

シックハウスと換気ついてお話しましたが、
いかがでしたか?

シックハウスを対策の一番は、化学物質を含んでいない建材を選択する事が一番です。
そして、高気密住宅である証の気密テストをしっかりと行っている会社を選択する事
換気をつければ、有害物質を除去できるは思い込みです。気密がしっかり取れている
高気密型住宅で、初めて換気は機能出来るのです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 未分類 | タグ: , | シックハウスと換気 はコメントを受け付けていません。

断熱 気密 換気の重要性

「断熱」この言葉は、皆さんご存知ですよね。「気密」何だか息苦しい感じがします。
「換気」換気が住み心地と関係あるの?

家造りにおいて、住み心地を決めるこの3つの要素について、
分かりやすく書いてみたいと思います。
施工例

断熱材より大事な窓の選択

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
家の外周部には「断熱材」と呼ばれるものが入っています。
この、断熱材が家の中を、冬の寒さ、夏の暑さから守る役目をしているのです。
もし、断熱材が入っていなければ、冬は寒く夏は暑い住宅になってしまい、
とても住み心地の良い住宅とは言えません。

真冬に寒くて殆どの方が、ダウンジャケットなど防寒着を着ますよね?
ダウンジャケットも、最近は薄くて暖かい商品が出ていますが、
断熱材も同じで高性能な断熱材は薄くても十分な性能を発揮します。

冬暖かく、夏涼しいと言う話になると断熱材に
焦点があたりますが
実は断熱材の選択より、
一番重要な事は窓の選択です。

いくら開口部以外の部分の断熱材を強化しても、
窓の性能が悪ければ家の性能は上がりません。
冬の暖房は窓から約48%熱が逃げて、夏は約70%の熱が入ってきますから、
いかに窓の性能が大事か分かると思います。

窓の話になると「ぺガラスだから大丈夫」と思っている方が殆どです。
勿論ペアガラスもそうですが、一番大事なのはサッシ自体の選択で決まってしまいます。
サッシの性能は以下の表の様に、熱貫流率で表しています。
これは熱移動の速さを表しているので、数字が多い程性能が悪い事になります。
例えば、この表の一番下この窓は1㎡あたり、
内外温度差1度当たり4.65Wの速さで熱が移動すると言う意味です。

96958A9F889DE5EAEAE1E4E6E4E2E0E6E3E2E0E2E3E6E2E2E2E2E2E2-DSXZZO7883648024102014000000-PN1-11

気密と換気の関係

断熱材が沢山入っていれば大丈夫!
快適に過ごせるはず!

殆どの方がそう思っています。ところが実は違います。
断熱材は家の洋服です。寒い冬にダウンジャケットを着る様に、
ダウンジャケットが断熱材とすると、前を開けて着るのと、
閉めて着るのとは暖かさはちがいますよね?
さらに寒くなると、前を閉めた上に首にマフラーを巻き付ける方もいらっしゃいます。

家も同じです。気密の悪い家は、
どんどん冷気が入り込み、

断熱材本来の性能を発揮できません。
高気密高断熱住宅この言葉、沢山の会社さんで使われていますし
本にも良く載っているので、皆さんご存知だと思います。
しかし、どの位気密性が取れているか分からないですよね?
そこで、気密試験を行い、気密性を確かめるわけです。
目安として関東であれば、C値1.0㎠/㎡以下であれば高気密と言えると私は思います。
しかし、高気密と謳いながら、気密テストをしてない会社が殆どなのです。

気密化の目的
1隙間風を防ぎ、省エネ性快適性をアップさせる
2断熱材の実力を発揮させるため
3壁内結露防止、壁内に湿気の流入を防ぐ
4計画的な換気

4番目に計画的な換気と出てきました。
なぜ、計画的な換気と気密が、関係があるのでしょうか?
それは、例えばストローでジュースを飲むときに、
もし仮にストローが穴だらけだったらうまく吸えないですよね?
それと同じ現象が起こるからです。
機械換気の近くの隙間から空気を引っ張ってしまい、
機械から離れた場所の空気を動かすことが難しくなってしまいます。

断熱、気密、換気の重要性についてお話しましたが、
いかがでしたか?

断熱、気密、換気は全てセットで考えるべきです。
そして、断熱より大事な窓の性能の話もしました。
気密性能が低く隙間だらけの施工では意味がありません。
隙間があると言う事は、壁内結露の可能性が
高まることになりますし、家の快適性も失う事にもなるのです。

無料資料のご請求はこちら

 

 

カテゴリー: 断熱 気密 換気 重要 | タグ: , , , | 断熱、気密、換気の重要性 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

家を建てるときに、ほとんどのお客様が明るくて
風通しの良い家を望みます。

採光を考えた窓配置施工例

 

 

家の窓の開閉方式は実に沢山あります。
海外にあって日本に無い開閉方式は多分無いと思います。
その位日本のサッシの開閉方式は、色んなバリエーションに富んでいます。

日本で使われている窓の実に50%は引き違い窓です。
この引き違い窓は日本特有の窓で海外では1枚が固定されていて、
1枚しか動かすことが出来ません。
この引き違い窓家の性能向上には、あまり好ましくない窓です。
隙間が多く隙間を塞ぐ事をしてしまうと動きが悪くなってしまうからです。
この様な観点からも、省エネを重視する国では、使われることは無いのです。
ただ、日本では引き違いを無しにする事は、考えられませんから各メーカーは、
引き違い窓の断熱性能を向上させる努力を続けています。

縦滑り出し窓

引き違い窓より10倍風が入る窓をご存知ですか?
勿論正面からの風であれば、関係ないですが
正面以外の風を取り込もうとすれば縦滑り窓が圧倒的に有効です。
この縦滑り窓は開けた窓が、ウインドキャッチャーになり風を捕まえてくれるので、
本当なら通り抜けるはずの風を室内に取り込んでくれるのです。

横滑り出し窓

もう一つ水回りでよく使われる、横滑り出し窓。縦滑り窓を横にした感じの窓です。
お風呂に入っている時や空気を入れ替えたい時に、
人の視線を気にしないで開けることが出来る便利な窓です。

窓の上が釣り元になっているので、雨が降っていても多少の雨なら、
入って来ないので開けっ放しに出来る利点もあります。
縦滑り窓と横滑り窓は、この様な便利な使い方もでき、
気密性も高いのでよく使われています。

窓の選び方は性能だけではありません。
通風、気密、換気、デザイン、眺望などいろんな観点から選ぶことが重要です。
窓の選び方一つで、光や風の入り方、家の外観も左右しますから、
効果的な選び方をして住みやすい家を造りたいですね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: お得 窓選び方 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 便利な窓の選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ