真柄工務店公式ブログ

» 構造計算のブログ記事

新事務所基礎工事が始まりました!構造計算基礎1

上棟、お引き渡しが続きブログを更新するのが、久しぶりになってしまいました。
今月も完成見学会を開催させていただきました。
悪天候の中、沢山の方々にご来場いただきまして誠にありがとうございます。
見学会でも熊本地震の写真を展示させていただきましたが、しっかりと構造計算された建物に被害はありませんでした。
今日は構造計算された基礎とそうでない基礎の違いについてお話をしたいと思います。

ベタ基礎耐圧盤だから大丈夫??

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
いよいよ新事務所の基礎工事が始まりました。小さい事務所ですが、移転できるのが楽しみです。事務所の工事ですが、しっかりと構造計算をして耐震等級3仕様です。
皆さんベタ基礎耐圧盤なら安心安全だと思っていませんか?また、「ベタ基礎耐圧盤だから安心ですよ」と言われているかもしれません。
上の写真の鉄筋と下の基礎の鉄筋状況を見てどちらが丈夫に見えますか?
一般基礎1

よく違いが分からないですが、何となく上の基礎の鉄筋が丈夫に見えるのではないでしょうか?
では、具体的にどこが違うのでしょうか?
その前に木造も鉄筋コンクリート造も、柱と梁で構成されています。
言葉より写真が分かり易いですね
構造計算基礎2

青い矢印が、構造の柱とすると赤い矢印は梁になります。
この梁は地中梁と呼ばれています。
青い矢印の方向から、建物の荷重を集中的に受けるので
しっかりと梁を入れて荷重に耐える様に梁を入れるのです。
2番目の写真の基礎を見てみましょう。
一般基礎2

赤い矢印には、全く梁らしきものは見当たりません。
この様な基礎だと、耐圧盤に集中的に荷重がかかります。

いかがでしたか?

構造計算をしっかりとした基礎とそうでない基礎の違いのお話をしました。
構造計算は、水平荷重(地震、台風)鉛直荷重(建物の重さ、家具や人の重さ、雪の重さ)
の全てを計算して安全を確かめます。
しかし、2階建て住宅では、壁量計算、N値計算、四分割法で
検討すれば良いだけになっています。
その結果、熊本の地震を見ても構造計算していない建物は
新築でも見事に倒壊してしまいました.
一生に一度の家つくりがこれで良いのでしょうか?

 

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 構造計算 基礎 | タグ: , | 新事務所工事が始まりました! はコメントを受け付けていません。

二階建て住宅に構造計算はいらないの?

大きなマンションやビルは当然構造計算しています。
では、木造住宅の場合は一体どうなっているのでしょうか?

構造計算が義務付けしていない建物

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
大切な家族を安全安心な建物に住まわせたいと願うのは、どの人も同じではないでしょうか?

何か大きな事件事故が起きると、法律が整備され、
より良い方向に向かっていくのは当然の事です。

住宅の場合も例外では無いのですが、そのスピード感が遅く感じます。
構造計算のいらない木造建築物は2階建て以下、延べ面積500㎡以下で
高さ13m以下軒高さ9m以下の建築物は4号建築物と呼ばれます。

4号建築物は、4号特例と呼ばれ、建築確認申請の際に構造計算書を
添付する必要がありませんので、審査機関はノーチェックです。
ノーチェックと言っても、構造の安全性を全く検討していない訳ではありません。

設計をする建築士が、3つの簡単な計算方法と8つの仕様に基づいてチェックしています。
3つの計算方法とは、壁量計算、4分割法、柱の接合方法です。
これらの簡易的な方法で、地震力や風圧力に対抗するために必要な壁の量や、
壁の配置のバランスを計算してチェックしています。

8つの仕様は、基礎、屋根ふき材の緊結、土台と基礎の緊結、柱の小径、横架材の欠きこみ、
筋交いの仕様、火打ち材等の設置、部材の品質と耐久性の確認について建築基準法を守る事です。

建築基準法は最低限のルール
建築基準法の第一条に、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する
最低の基準を定めて、国民の生命、健康、財産の保護を図ると書いてある。

最低の基準で国民の生命を守れるのだろうか?

建築士なら誰でも建築基準法(耐震等級1)で、安全と思っている人はいないでしょう。
反対に高いお金を払って家を建てた人も、まさか自分達の家が最低限のルールで
建てられた家とは知らずに購入したり、建てているのが現実です。

4号特例を廃止しして、せめて根拠となる簡易的な計算書の添付と
チエックを義務付けにしない限り、国民の生命を守れる構造とは言えないと思う。

建築する側も4号特例を利用しないで、しっかりと構造計算をするべきだと私は思います。

無料資料のご請求はこちら

カテゴリー: 構造計算 いらない | タグ: , | 二階建て住宅に構造計算はいらないの? はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

地元西東京市で基礎工事が進んでいます。
構造計算されている基礎

丁度鉄筋工事が終わった段階で、これから第三者機関の検査が入ります。
キチンと図面通りに鉄筋が組まれているかチェックを受けるのです。
この検査に合格するまでは、コンクリートを打設することが出来ません。

第三者機関の配筋検査は、瑕疵担保保険がついているので、どこでも受けています。
重要なのは、しっかりと構造計算をしている基礎か
していない基礎かです。

残念ながら木造住宅2階建てでは、構造計算は義務付けられていませんから、
日本で建てている2階建ての木造住宅は、殆ど構造計算をしていないのが現状です。

一生に一度のマイホームがそれでよいのでしょうか?
何故構造計算をしないのでしょうか?
構造計算すると、コストが上がるからが建築屋さんの本音でしょう。
コストが上がれば、価格競争に負けて仕事が取れないから。
これが、一番の本音です。

確かに、価格が上がるでしょう。
でも、家を建てる人の中で安全な建物を願わない人がいるのでしょうか?
構造計算をしなくて良い現実も知らないし、業者も適当に安易な壁量計算をして
構造計算をしていますと堂々と語るから、家を建てる人も信じてしまいます。

地震大国この日本で、基礎工事も構造軸組も構造計算をしなくて良い法律もおかしいし、それで平気で造る建築屋さんも沢山いる現実。
安心安全な建物を建てている工務店が、もっと増えていかないと
町の工務店は信用して貰えないし、ハウスメーカーの下請け工務店になり下がるしかないと思う。

真柄工務店は、自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 基礎 構造計算 必要 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 基礎にも構造計算が必要です はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

耐震等級ってご存知でしょうか?
地中梁基礎

あまり一般の方には、なじみが無いかもしれませんね。
地震に対する建物の強さを表しています。
この耐震等級1から3までレベルがあります。

数字が大きいほど強くなるので、耐震等級3が一番地震に対して強い建物です。
では、耐震等級の定義について詳しく見ていきましょう。
耐震等級1: 建築基準法レベル(すべての家は耐震等級1以上が必要です)
耐震等級2: 建築基準法の1.25倍の強さ
耐震等級3: 建築基準の1.5倍の強さ

では、建築基準法で求めている
地震に対する強さはどうなのでしょう?

建築基準法では、数百年に一度発生する地震に対して、
倒壊、崩壊しないレベル(震度6強から震度7相当)
数十年に一度発生する地震に対して、損傷しない(震度5強相当)
以上が、建築基準法の地震に対する考え方です。

誰でも地震に強い家が欲しいと願います。
でも、この耐震等級は構造計算をしないと
自分の家の耐震等級は分かりません。

しかし木造住宅では、構造計算は殆どされていません。
何故なら木造住宅では、3階建て以外はしなくて良い事になっているからです。

それから、デザインと耐震等級は、あまり相性が良くありません。
例えば、大きな吹き抜けが欲しいとか、南側を全面窓にしたいなどの要望は、
床の剛性が不足になり、全面開口してしまうと、耐力壁不足になりがちです。
耐震等級を重視するか、デザインを重視するかを判断するのは、
住む人が決めるべきですし、そのバランスをよくしたいですね。

いずれにせよ、構造計算を標準的に行う工務店に依頼するのが
、一番安心できると思います。

構造計算は当然費用もかかりますが、建築費全体から見れば1%程度の費用です。
構造計算をすると基礎の配筋状況から変わってきます。
鉄筋の間隔が小さくなったり、鉄筋自体の太さも変わったりするのです。

是非1%の費用で、安心出来る家に
住んでいただきたいですね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を
造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 耐震 等級 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 耐震等級ってご存知ですか? はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

来月上棟の現場に、鉄筋検査の
立ち合いに行って来ました。
瑕疵担保配筋検査

この、鉄筋検査は瑕疵担保履行法と
言う法律に基づくものです。

家を建てる時に、瑕疵担保保険に入ります。
この保険に入ると構造耐力上主要な部分と、雨水の侵入に対して10年間保証されます。
万が一施工会社が10年間の間に倒産した後に、
瑕疵が発生しても補修費用は、保険会社より支払われるので安心です。

支払い限度額が2000万円ですが、オプションで
5000万円まで選択できるようになっています。
保険会社の検査員が基礎工事中に鉄筋検査と、
上棟後に耐力壁の確認と構造金物を、現場に見に来ます。
図面通りに施工されていないと、指摘され是正をしなければ
保険の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。
とても、大切な検査です。

建物で、とても重要な基礎工事。
保険検査員が見るのは、鉄筋の配筋状況だけになります。
それ以上見るのは義務付けされていないからです。

基礎工事には、コンクリートがつきものです。
コンクリートにも強度があります。
このコンクリートも設計基準強度と言う
強度設定があるのをご存知ですか?

通常住宅で良く使われる21N/m㎡
なんて言われても分かりませんよね?
簡単に分かりやすく言うと、10cm角の柱が
21トンの重さに耐えられると言う事です。

コンクリートは外気温に左右されます。
その為に温度補正値と時期が地域によって、決められていて
コンクリート強度が設計通りに出る様に、強度を上乗せしているのです。

このコンクリート強度採取試験は、
住宅の場合は義務付けされている訳ではありません。

建築には、義務付けされていない検査や試験があります。
構造計算、コンクリート採取試験、気密測定、
最低でもこの3つは家を建てる工務店に、お願いした方が良いと思います。

最近、ニュースで取り上げられている、地盤の問題。
どうして、あんな事をするのか?
同じ建築の業界人としても、意味が分かりませんし、理解不能です。
真面目に取り組んでいる会社が殆どなのに、
建築業界全体の信用が無くなってしまいますね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い
温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 家 建てる 大切 3つの事 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 家を建てる時、確認したい3つの事 はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリ