真柄工務店公式ブログ

» 熱貫流率のブログ記事

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

日本は技術大国ですよね。
でも、サッシ基準レベルでは、全く後進国です。
自然素材施工例

隣国である中国や韓国よりも窓の基準だけ見ればかなり遅れている。
日本は平成11年の次世代省エネ基準では熱貫流率4.65W/㎡/・Kよりも高性能の窓を推奨しているだけで、
規制をかけている訳では無いので、もっと性能が悪くても使えます。

一方中国北京市では、窓の最低基準を2.5/㎡・Kに決めているので、日本で普通に使われている窓は使えません。

驚きなのは、温暖な気候のスペインでは2.1~2.8W/㎡・Kです
日本に高性能な窓はあるのですが、値段が高すぎる。
特に準防火地域用の窓は値段が高くて使いにくいのが現状です。
値段の問題もそうですが、建築屋もサッシの重要性を理解し提案もしていない会社が多く
建築基準法で制限もしないので、しょうがないですね。
2020年からは変化がありそうですが。

3/11のブログにも登場した外皮性能値の熱貫流率。
今回は窓の性能にも出てきました。
熱貫流率って分かりにくいですよね?
熱の移動は大原則として、2つあります。
一つは、熱は温度の高い物から低い物に移動しますよね。
そして、もう一つは熱の移動には「伝導」「対流」「放射」(輻射)と3つあります。
この熱貫流率は熱が伝わる速さを示しています。

単位を見てみるとW/㎡・K(ワット、ヘイベイ、ケルビン)
これだけ聞いても良く分からないです。
建築関係者でも殆どの方は、分からないで使っています。

ワットこれは皆さん馴染みがありますよね。電気エネルギー量や熱エネルギーです。
実はこれ、一秒間にあたりにどの位エネルギーが消費されているか
又は発生しているかを示しています。
㎡(ヘイベイ)これは、もう面積ですね。
次に出てくるK(ケルビン)また良く分からないKこれは絶対温度なので
K=℃です。温度の単位だと思ってください。

そうすると、先程日本が推奨している4.65W/㎡・Kの性能の窓が
4㎡の面積があり外が気温5度、家の中が20度で計算してみましょう。
4.65w/㎡・kx4㎡x(20-5)K=279Wになります。一方北京市で計算すると150W
1.86倍日本の基準の方が、熱が逃げているのが分かりますね。
例えばこの条件で8時間続くと、難しい計算は省きますが約53円
一つの窓でお金が逃げている計算になるんです。

平成11年の次世代エネルギー基準で冬は窓から
約60%の熱が逃げて行くと言われていますから、
窓を選ぶ際は熱貫流率に注目して
選んでいくと良いと思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: サッシ 熱貫流率 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 日本のサッシ基準と熱貫流率 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

ランニングコストを抑えるための
絶対に外せないポイントは窓です。
高性能窓のリビング

意外と思う人も多いかもしれません。
皆さんが、まず考える事は断熱性かもしれません。

断熱の種類や厚さに目を奪われる事が
殆どではないでしょうか?

建築屋さんでさえ、家は断熱材これを使って、何ミリ入れているから冬暖かく
夏涼しいなんて営業していますが、それは殆ど嘘です。嘘と言うより、知らないのです。
勿論断熱材も大事ですが、その前に窓の選択が重要になってきます。

夏には外から70%の熱が侵入して、
冬には50%の熱が窓から逃げてゆくのです。

それでは、それぞれ断熱性が関わる部位からは、どれだけの熱の出入りがあるのでしょうか?
東京の平成11年省エネ基準で建てられた家のデ-タ-を見てみると、夏は屋根から6%
外壁からは12%床から3%です。全て合計しても21%にしか過ぎません。
それでは、冬はどうでしょうか?
屋根5%外壁19%床9%合計33%が、室内から熱が逃げています。

外壁や屋根は窓に比べて、熱の出入りが小さい事が分かると思います。
窓の性能を上げないで、断熱性能ばかりにこだわってもバランスが取れません。

窓の断熱性の指標になる数字が、熱貫流率と言う数字で表しています。
一般的に分譲住宅で使われている、アルミぺアガラスサッシは4.65W/㎡・Kですが、
性能が高めの1.7W/㎡・Kの窓に変えると、大幅に室内環境は変わります。

勿論その分工事費は上がります。それでも一般的な4LDK で30万円位の差額です。
家を建てる人は、イニシャルコストに目を向けがちですが、家の燃費計算をしてみると
この窓を変えるだけで年間冷暖房費は約8万円の差が出て来ます。

仮に30年間で計算すると約240万円の差になるのです。

予算が無くイニシャルコストを抑えて家を建てたのに、
ランニングコストがかかり家計を逆に圧迫してしまうのです。

設備はお金の余裕が出来たら、後からいくらでも変える事は出来ます。
しかし窓は、キッチンなどの設備と違い簡単に後から簡単に交換は難しく
新築時の差額30万円と言う訳にはいきません。

キッチンなどの設備は最低限にして、家の性能に係わる部分に
お金をかけるのが私は正解だと思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い、温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: ランニングコスト 抑える 家造り | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | ランニングコストを抑える家の造り方 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店代表の眞柄大介です。
桜が咲き終り、晴れた日はとても、過ごしやすい季節ですね。

サッシの選び方を間違うと、省エネにならない

でも、外にいると気持ちが良いのに、家の中は寒いと感じた事はありませんか?

どうして外は快適なのに、家の中は寒いのでしょうか?
それは、体感温度=気温+周囲の表面温度÷2の方程式で分かります。
例えば、気温が15度の時室内は15度で室内の壁は15度から17度です。

気温15度の時外の路面の表面温度を測ってみると30℃でした。
上の方程式に入れて計算してみると22.5度になります。
人間が快適に感じる温度は、冬で18度~22度夏は25度~28度と言われています。

この様に、人が感じる温度と周囲の表面温度は
密接な関係にあるのです。

よく「エアコンをかけているのに、あんまり効かない」そんな話を耳にしませんか?
これも、実は壁や床の表面温度に関係があります。
エアコンは空気を暖めたり、冷やしたりします。
その空気が壁や天井を暖めたり冷やしたりします。
しかし、エアコンの風は直進的に出ますので
、風が届かないと温度にムラが出てしまいます。

ですから、部屋の長手方向に風が出る位置につけるのが、一番効率的です。
短手方向に風があたる向きにつけてしまうと、温度ムラがかなり出てしまいます。

そして、エアコンの効きに大きく
関係しているものがもう一つあります。

部屋の窓から、熱の出入りがどの位していると思いますか?

冬の暖房は58%が窓から逃げて行きます。
そして、夏は窓から73%の熱が入ってきています。

電気スト-ブをつけながら、エアコンをかけている様なものです。
これでは、電気代を無駄にしているのと同じですね。

では、どうすれば良いのか?既存住宅であれば、
冬対策は、費用を考えてインプラスなどの内窓をつけるのが有効的です。
夏は、すだれや外付けブラインドで日差しを入れない工夫が必要です。

これから、新築を計画中の方は熱貫流率の数字が低いサッシを選んでください。
数字が低いほど、高性能です。
今殆どの新築住宅で使われているペアガラスアルミサッシの
熱貫流率は約4.65W/㎡K。

お隣の中国や、韓国では、中国北京市で、2.5w/㎡K、
韓国では、1.4から2.5w/㎡Kです。
世界から見たら、日本の基準は相当遅れています。

日本には、中国や韓国の基準に合うサッシは無いのでしょうか?
そんな事はありません。世界でもトップクラス0.79W/㎡Kや
1.05W/㎡Kなども出ています。
冷暖房を効率よくするには、断熱性能も大事ですが、
熱の出入りが激しい窓の強化が一番大事ですね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 省エネ サッシ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 省エネを考えたサッシ選びの秘訣 はコメントを受け付けていません。

新年明けましておめでとうございます!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄です。
本年も宜しくお願いいたします。

ハワイ夕景

皆様お正月は、いかがお過ごしでしたでしょうか?
私は趣味のサ-フィンに3日間行ってきました。この時期にしては、そんなに水温が低くなく素足で遊べました。

本日の日本経済新聞に「日本の住宅はなぜ寒いの?」の記事が掲載されていましたね。

ご覧になった方もいると思いますが、その中で日本のサッシ規定の話が載っていました。日本のサッシ使用基準が遅れている話と急激な温度差で体調が変化するヒ-トショック死が、

年間交通事故死の4倍約1万9千人以上が入浴中に亡くなっている。凄い数字ですね。

このヒ-トショック死は日本で高断熱住宅が数多く建てられている北海道が一番低かったそうです。
そこで、もう少し詳しくサッシのお話をしましょう。
日本と言えば、世界に誇れる技術が沢山ある工業先進国です。
ところが、サッシの使用基準を世界と比較するとかなりの後進国なのです。

基準が遅れているだけで、日本に高性能なサッシが存在しない訳ではないのです。

サッシの基準を知る上で、熱貫流率の意味を知らないといけません。
熱貫流率とは、壁や窓など例えば室内の温度が20度で屋外の温度が19度の時
内外の温度差が1度(K)の時に壁やサッシを貫いてどれだけ熱が逃げていくかを示す数値です。
単位はW/㎡・K(ワット・パ-・ヘイベイ・ケルビン)と呼びます。
数字が小さい程断熱性が高いのです。

下の表で世界の熱貫流率基準を見てみましょう。

国別サッシ規定

英国1.98W/㎡・K、オーストリア1.9W/㎡・Kですね。
いづれの国でも日本で主流に使われているアルミサッシ+ペアガラス4.65W/㎡・Kは使って家を建てることが出来ません。
そして、基準が厳しい国では下の表を見ると分かりますがアルミサッシは殆ど使われていないのです。

国別サッシ種類

使わているサッシは、殆どが樹脂サッシか木製サッシです。
サッシの性能が悪ければ、どんなに暖房しても窓から逃げていくのです。家造りに設備を豪華にするのも良いですが、窓や断熱にお金をかけて、エコな生活と健康的に暮らしたいですね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: サッシ 性能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 寒さはサッシの性能から はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ