真柄工務店公式ブログ

» 良いのブログ記事

サッシは何が良いですか?

梅雨明けしていないのに、夏に近い暑さですね…
でも、私大工時代から雨男でして、上棟、土台敷きかなりの確率で雨が多いです。
先週の上棟も雨が降りました。

最近問い合わせの中で、サッシは何が良いですか?
そんな質問をよく受けます。
今日はサッシについてお話をしたいと思います

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
今から35年前私が大工になりたての頃、アルミサッシの単板ガラスが主流でした。
リフォーム工事で木製で出来た窓をアルミサッシに交換する仕事も、多くありました。
その後ペアガラスが登場して、サッシ性能は格段に向上しました。

遅れている日本の窓事情

ペアガラスの登場で進歩した日本の窓事情ですが、窓の断熱性能は4.65w/㎡K
窓の断熱性能は熱貫流率と言う指標で表します。U値とも呼ばれています。
内外温度差1度の時、窓面積1平米あたり1時間で通過する熱量を表していますので
小さい数字の方が高性能です。
日本の新築住宅で約70%の窓がこの4.65w/㎡Kの性能の窓が使われています。
ところが、アメリカやヨーロッパでは犬小屋や倉庫にしか使えませんし、
お隣の中国や韓国でも法律の基準を満たしていないので使えません。
それだけ、性能が悪いのです。
韓国、アメリカ、ヨーロッパでは、住宅に使う窓は樹脂窓か木製窓です。

断熱材を選ぶ前に大事な事。

窓の仕様規定が厳しくないだけで、日本に性能の良い窓が無いわけではありません。
夏涼しく、冬暖かい家と言うと直ぐに断熱材のお話に成りがちです。
確かに断熱材の厚さも高断熱住宅には大事な部分ですが、
でもその前に一番大事なのは窓の強化です。
窓は壁の穴と言われています。夏は70%窓から熱が入り、
冬は50%位暖房が窓から逃げていきますので、サッシの選択が重要になってきます。
サッシは最低でも、樹脂製のペアガラスが良いと思います。
ご予算に余裕があるようでしたら樹脂サッシのトリプルガラスが良いと思います。

樹脂サッシにアルミスペーサーはもったいない

ペアガラスには、ガラスとガラスの間にスペーサーと呼ばれる部分があります。
折角樹脂サッシを選んだのに、アルミスペーサーが入れてしまう工務店もありますので
準防火地域以外の方は、樹脂スペ-サ-を入れてもらいましょう。
また、ペアガラスの間にアルゴンガスを入れると
費用も大して掛からず断熱性能を上げることが出来ます。
土地探しから家つくりをする方は、まだまだ、防火樹脂サッシは高価ですので、
準防火地域を外して土地を探すと、高性能な樹脂サッシを使いやすいです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: サッシ 選び方 | タグ: , | サッシは何が良いですか? はコメントを受け付けていません。

外断熱と内断熱はどちらが良い?

「外断熱と内断熱はどちらが良いのですか?」
「断熱材は何が良いのですか?」

この二つの質問を完成現場見学会や、
構造見学会などで良く受けます。

家を建てる人にとっては、断熱材の選択は工務店を探すときに、
最初の指針になる部分ですね。

今日は、外断熱と内断熱のそれぞれの
メリットデメリットについてお話しましょう。
自然素材とダブル断熱の家

外断熱のメリットとデメリット

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
外断熱と言うとどの様なイメージをお持ちですか?

私が簡単に、外断熱のイメージをお話するとすれば、
「冷蔵庫を想像してください」。
よくこの様な、言葉で説明します。

冷蔵庫は外気の影響を受けにくく、保温能力が高いですよね?
外断熱の家が、正にその様な効果が高く得られる家です。

壁や屋根の家の外側で断熱材を張っていくので、
気密が取りやすくなります。

気密が取りやすくなると、家全体の隙間が少ないですから、
家の中の冷暖房効果が高く得られて、24時間換気システムも
計画通り換気が出来ます。

そして、もう一つの外断熱のメリットは、
壁の通気層と屋根の通気層が簡単に連続して取れる事です。

外断熱のデメリットについてですが、まず内断熱に比べて
コストが掛かることが一番のデメリットでしょう。

外断熱の場合は、材料1枚の値段もそうですが、
大工さんが1枚1枚現場で貼っていくので、
手賃が大きくコストに反映されます。

そして、もう一つの外断熱のデメリットは、
基礎断熱の部分の白蟻対策でしょうか。

近年では、ホウ酸入りの薬剤を注入した断熱材を
基礎に貼っていますが、それだけでは白蟻対策は万全とは言えません。

内断熱のメリットとデメリット

内断熱のお話は、デメリットからお話します。
内断熱の大きなデメリットとして断熱材を
きちんと施工がしにくい点があります。

通常家の壁の中は、設備の配管があったり、
筋交いと呼ばれる耐震性に関わる部材が斜めに入ってくるので、
断熱材をしっかりと入れ込むことが難しくなります。
そして断熱欠損を起こし易くなり壁内結露の原因になります。

しかし、内断熱にも、断熱欠損を解消する種類の断熱材があります。
ウレタン吹き付け工法や、セルロースファイバー吹き込み工法です。

もう一つの内断熱のデメリットは、
柱や間柱の部分には断熱材を包む事が出来ないので
壁全体で見ると柱、間柱、梁の部分は非断熱部分が出来てしまいます。

内断熱の大きなメリット言えば、外断熱工法の逆で
コストが安くなる点でしょう。
分譲系で良く使われている、グラスウール断熱材は
数多くある断熱材の中では、コスト的には一番安く手に入りますし
性能もとても良いです。問題は施工の仕方にあるのです。

外断熱と内断熱についてお話しましたが、
いかがでしたか?

外断熱と内断熱どちらを選ばれても良いと思います。
大事なことは、きちんとした断熱施工が出来る
能力がある工務店かどうかだと思います。

内断熱にしても外断熱にしても、気密性能が低く隙間だらけの
施工では意味がありません。
隙間があると言う事は、壁内結露の可能性が
高まることになりますし、家の快適性も失う事にもなるのです。

国はZEH(ネットゼルエネルギーハウスや
BELS(省エネルギー表示制度)など
住宅の高性能化の普及に向けて、補助金制度を設けています。

内断熱か外断熱か?の選択肢では無く、
内断熱+外断熱が当たり前になってくるのです。

真柄工務店でも、内断熱+外断熱が標準になっています。
完成見学会などで、是非ご体験ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 外断熱 内断熱 | タグ: , , | 外断熱と内断熱はどちらが良い? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ