真柄工務店公式ブログ

» 選び方のブログ記事

快適な家にする窓の選び方
断熱材は何が良いですか?先ず快適な家にしたいと思うと、殆どの方が断熱材に目を向けます。
断熱材も大事な事なのですが、一番重要な事は窓です。
今日は、窓の選び方について書いてみます。

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
窓は、壁の穴です。私が良くお勧めしている、APW330樹脂窓の熱貫流率は、
縦滑り出し窓で、1.31W/㎡Kです。

一般的な断熱材の熱伝導率は0.038w/mkです。
100mm断熱材の熱伝導率0.038を熱貫流率に直すには熱抵抗値を
求める必要があります。
細かい計算は、割愛して断熱材の熱貫流率は0.38w/㎡kになるので、
窓は100mmの断熱材より約3.5倍熱を通しやすい事が分かります。
だから、窓が大事です。

熱貫流率をお金に直す
熱貫流率を樹脂複合窓2.33W/㎡k。室内外温度差15度の時窓面積4㎡
で10時間同じ状態が続くと1kw24円で換算して,約33円熱が逃げる事になる。
細かい計算は難しくなるので、割愛します。
これが先程の樹脂1.31W/㎡kだと約19円
その差はたった14円。
仮に家全体で24㎡窓開口があると84円。
暖房に時期に同じ条件で100日過ごすと、8400円。
これを30年間では252,000円窓の性能で損をします。
防火規制が無ければ、樹脂複合窓と樹脂窓の差は窓の数大きさにもよりますが
10万円以内で収まると思います。

LOW-E ガラスにしておけば安心??
Low-Eガラスには2種類あります。遮熱タイプと断熱タイプです。
何が違うかと言うと表のように、金属膜を室外側にあるのが遮熱タイプで室内側にあるのが、断熱タイプです。
これを設置する方角によって分けて使います。南側には断熱タイプを使い、その他の方角には遮熱タイプにします。
断熱タイプを南側に使う理由は、真冬の日射取得を高めて、暖房の補助に使うためです。
折角断熱タイプを使っても、日射取得率はガラスの色によって異なるので、ニュートラルを指定しましょう。

樹脂サッシの裏技
樹脂サッシでも、指定をしなければ図のようにガラスとガラスの間にある、スペーサーと呼ばれる部分が金属になってしまいます。防火の指定が無ければ、樹脂に変更してもらいましょう。
費用の差は殆どありません。
そして、もう一つガラスとガラスの間には乾燥空気が入っていますので、これも
アルゴンガス入りに変更してもらってください。窓の性能が上がります。

いかがでしたか?
窓の事について書いてみました。窓の性能が断熱材より大事な事が少しでもご理解いただけたでしょうか?

カテゴリー: 快適 窓 選び方 | タグ: , , | 快適な家にする窓の選び方 はコメントを受け付けていません。

 

耐力面材の選び方

桜が開花して春真っ盛りですね。
入学式に向かう親子連れを見ると、何だか心が和みます。
今日は、耐震性を高める為に張る耐力面材のお話です

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
耐力面材と言ってもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、
下の写真を見てください。

よく建築中に見かける外壁を仕上げる前に、張ってあるものです。
この耐力面材にも様々な種類があります。
そこで、どんな耐力面材を選ぶと家のために良いのでしょうか?
私は選ぶ基準に透湿抵抗値を見ます。
透湿抵抗値は簡単に言うと、湿気が逃げやすいか?
閉じ込めてしまうか?の目安になる数字です。
数字が低いほど湿気を逃げやすくするのです。ちなみに、画像の面材はOSBです。

何故湿気が逃げやすいか逃げにくいかが目安にするのか?
それは、殆どの家は通気工法と呼ばれる工法を取っています。
外壁の裏側に空気が流れる様になっているのです。
通気工法は、壁の中の湿気を通気層を利用して外に排出するものです。
しかし、通気層に行く前にあるのが耐力面材と呼ばれる部分です。
この耐力面材が湿気を逃げにくいものだと壁の中に湿気を
閉じ込めてしまうので、通気工法をする意味がなくなってしまいます。

合わせて防湿気密シートを、室内側の石膏ボードの裏側に入れる事が大事になってきます。
防湿気密シートを張ることで室内に入り込む湿気を減らせます。
特にグラスウール断熱材においては、気密防湿シートは絶対に必要です。

ただ、決められた間隔で釘を打てばいい?
耐力面材には決められた釘の種類、釘の間隔があります。
それは、きちんとした耐力壁の性能を出すために試験をして認定を受けているからです。
ですが、この釘は機械で打っていくのですが、大工さんによっては、
ただ釘を打てばよいと思っている大工さんも沢山います。
写真のように、釘が材料にめり込みすぎてしまったりします。
これは機械の釘の浮き沈み調整を怠っているからです。
これでは、きちんとした性能は出にくい状態になってしまいます。

耐力面材の選び方についてお話しましたが、
いかがでしたか?
耐力面材にも様々な種類がありますが、値段が安いく使いやすい材料は、
一気に壁内結露の可能性が高まります、壁内結露は住んでいる人には分かりません。
壁内結露を起こせば、大事な構造体を腐らせてしまい、
シロアリの被害にあう確率が格段に高まり耐震性は無くなってしまいます。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 耐力面材 選び方 | タグ: , | 耐力面材の選び方 はコメントを受け付けていません。

内装材の選び方

内装材の仕上げは、石膏ボードの上に張ったり塗ったりします。
一般的に一番多いのが、ビニールクロスです。一番安価で扱いやすく張り替えも簡単です。
色柄も豊富で、柱や下地材が動いてもビニールですので、伸縮に強いのも特徴です。
施工者にとって、クレームになりにくい商品ですので心強い素材ですが
弊社では、ビニールクロスは殆ど使いません。

漆喰施工例

布クロスを選択する

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
弊社ではビニールクロスではなく、布クロスをよく使います。
理由は、通気性がある事と耐久性が高いからです。
布クロスは、綿、麻、絹などから出来ていて、結婚式場やホテルなどに使われる事が多いことからも、
耐久性が高い事が分かりますね。
布クロスはビニールクロスと違い、静電気を起こさないので、ほこりを吸い寄せ付けず汚れにくく、
破れにくいので長い間美しい状態を保ちます。
布クロスのデメリットを上げるとすれば、施工できる職人さんが少ないです。
誰でも張れる素材ではないので、施工単価がビニールクロスに比べて高くなります。
しかし、耐久性はビニールクロスに比べて格段に違いますから、長い間使えるので、結局は安くつきます。

紙クロスの上に漆喰施工

漆喰や珪藻土に、偽物は沢山あります。

漆喰や珪藻土の一番のメリットは、調湿性がある事だと思います。
調湿性が高い素材は珪藻土になりますがコストも高いです。
調湿性は少なくても左官塗り壁の風合いが好きな方は漆喰をお勧めします。

漆喰や珪藻土を選択する方々の理由の多くは、化学物質が苦手な方が多く見受けられます。
漆喰や珪藻土は元々自然素材ですが、固めるためにつなぎ材が必要になります。
固めるために何を使っているかが、沢山出ている商品選びに欠かせない事です。
商品の中には合成樹脂で固めて、珪藻土の成分はほんの少ししか入っていない
製品も数多く存在しますので、しっかりと確認したい点です。

漆喰や珪藻土は割れます。

漆喰や珪藻土は絶対に割れない商品は、無いでしょう。
割れると言っても髪の毛の太さぐらいの細かい割れです。
割れてくる場所は、決まって入隅や出隅が多くみられます。平たい場所はあまり割れません。
割れが入るのは、下地に原因があります。石膏ボードは木材にビス止めされています。
木材はどうしても収縮を起こしますので、動きます。動くことによって、薄くひびが入るのです。
割れ無いためには工夫が必要です。
割れを防ぐには、石膏ボードの上に紙クロスを一度張ってから
漆喰や珪藻土を塗ると割れは軽減できます。
そこまで、予算が無い方は、石膏ボードのジョイントに
薄い鉄板を挟み込むと良いでしょう。
弊社では1年点検時に割れた場所は再施工しています。
内装材の選び方についてお話しましたが、
いかがでしたか?
内装材も様々な特徴があります。一生に一度の家つくりです。
健康的に暮らせて長く使える素材を選びたいですね。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 内装材 選び方 | タグ: , | 内装材の選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ