真柄工務店公式ブログ

» 屋根のブログ記事

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

ランニングコストを抑えるための
絶対に外せないポイントは窓です。
高性能窓のリビング

意外と思う人も多いかもしれません。
皆さんが、まず考える事は断熱性かもしれません。

断熱の種類や厚さに目を奪われる事が
殆どではないでしょうか?

建築屋さんでさえ、家は断熱材これを使って、何ミリ入れているから冬暖かく
夏涼しいなんて営業していますが、それは殆ど嘘です。嘘と言うより、知らないのです。
勿論断熱材も大事ですが、その前に窓の選択が重要になってきます。

夏には外から70%の熱が侵入して、
冬には50%の熱が窓から逃げてゆくのです。

それでは、それぞれ断熱性が関わる部位からは、どれだけの熱の出入りがあるのでしょうか?
東京の平成11年省エネ基準で建てられた家のデ-タ-を見てみると、夏は屋根から6%
外壁からは12%床から3%です。全て合計しても21%にしか過ぎません。
それでは、冬はどうでしょうか?
屋根5%外壁19%床9%合計33%が、室内から熱が逃げています。

外壁や屋根は窓に比べて、熱の出入りが小さい事が分かると思います。
窓の性能を上げないで、断熱性能ばかりにこだわってもバランスが取れません。

窓の断熱性の指標になる数字が、熱貫流率と言う数字で表しています。
一般的に分譲住宅で使われている、アルミぺアガラスサッシは4.65W/㎡・Kですが、
性能が高めの1.7W/㎡・Kの窓に変えると、大幅に室内環境は変わります。

勿論その分工事費は上がります。それでも一般的な4LDK で30万円位の差額です。
家を建てる人は、イニシャルコストに目を向けがちですが、家の燃費計算をしてみると
この窓を変えるだけで年間冷暖房費は約8万円の差が出て来ます。

仮に30年間で計算すると約240万円の差になるのです。

予算が無くイニシャルコストを抑えて家を建てたのに、
ランニングコストがかかり家計を逆に圧迫してしまうのです。

設備はお金の余裕が出来たら、後からいくらでも変える事は出来ます。
しかし窓は、キッチンなどの設備と違い簡単に後から簡単に交換は難しく
新築時の差額30万円と言う訳にはいきません。

キッチンなどの設備は最低限にして、家の性能に係わる部分に
お金をかけるのが私は正解だと思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い、温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: ランニングコスト 抑える 家造り | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | ランニングコストを抑える家の造り方 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄です。
府中市で中古住宅を購入された方のリフォ-ムが本格的に始まりました。
ご両親様と同居をするために購入した元々2世帯住宅で建てられたお家です。

 無垢桧のフロ-リングに張替えて、壁天井は左官職人による手造り感いっぱいのお部屋に大変身します。
現在お風呂が狭いため0.75坪タイプでしたが、1坪に広げて行きます。
既存の柱が有るため柱を抜き、屋根の加重が掛かっているため、梁をいれて補強していきます。
リフォ-ムの場面では間取り変更する時に、この様な柱を抜いて梁を入れていく作業がかなりあります。
柱を抜くと言っても、何も考えないで抜いているわけでは無いんですね。
キチンと基礎の状態を確認しないと工事は始める事は出来ません。
この様な仕事は若い大工さんには、新築工事をやるよりもとても大切な勉強になります。

先輩大工さんの構造の掛け方や仕口や技術を沢山見ることが出来る絶好の機会なんです!
昔??と言っても私が大工に修行に入った33年前は、大工さんが構造的な計画をして
木組みを考えて家が建っていました。
梁の大きさや、梁の掛け方などを考えて「手板」(大工さんが構造図面を自分でべニア板などに書き入れたもの)に書き入れて墨付け(材木一本一本に加工する線を書き入れていく事)の作業に入っていきました。

墨
墨付けが出来る事は一人前の証で、憧れでした。墨付けが間違えてしまえば、上棟日に家が建たないので、それはただ事ではありません。
私が初めて墨付けをした現場の上棟前日は、緊張で一睡も出来ませんでした。

刻み
最近は、工業化近代化が進み構造的な事を大工さんがやらなくて良くなり、墨付けや加工も全て工場で加工されて来ます。
若い大工さんが構造的な事に触れて、少しですが墨付けや加工する機会はリフォ-ムで学ぶしかないのが現状です。
若い職人さんを育てるためにも、昔の様に墨付けや加工が出来る環境をいち早く整えて行きたいと思います。
真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: リフォーム 中古住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 中古住宅リフォ-ムは勉強の場 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
自然素材を使った木造住宅専門真柄工務店、代表の眞柄です。

外断熱屋根通気垂木

私の会社では、初回面談のお客様にヒャリングシ-トを、書いて頂いていますが
その中に家造りで気になる事を書いていただいています。
お客様の多くが高断熱を希望されます。では、何故高断熱の家を希望されるのか?

多くの客様は、「冷暖房費を抑えるためと」お答えになります。

確かに冷暖房費は、抑える事が出来るでしょう。
しかし、一番のメリットは使えない空間が使える事だと思います。
例えば、敷地の狭い都内には多い3階建て住宅。
断熱性の低い住宅で3階に部屋を造っても、真夏の屋根の表面温度は軽く70度になる中で生活が出来るかと言えば疑問が残りますね。

4LDKの家を建てて、常時暖房しているリビングに家族が集まりリビングのドアを誰かが開けると冷たい冷気が流れて入ってくる。「早く締めなさい!」なんて怒られたりする。せっかく土地付きで5千万で買ったのに。。。

これでは、買った金額に見合いませんよね?

断熱性が高くなると空間が広く使えるようになり、快適に暮らせることが一番のメリットです。

では、どうして断熱性が高いと快適になるのでしょう?

断熱性が高いと床、壁、天井の表面温度が適度に保つ事が出来るからです。

室温では無く表面温度がとても大切です。
人間の体の表面温度は、約30℃~35℃位でそれに応じた放射熱を出しています。
例えば夏の壁の表面温度が38℃位だと、壁からの放射が大きくなり、体に伝わり暑く不快に感じます。
逆に、壁の表面温度が20度に下がると、体からの放射熱が奪われて寒く感じるのです。

真夏に窓を開けても生温い風が入って来るだけで、あまり涼しくないのはアスファルトやコンクリ-トの表面からでる放射熱が入って来るからです。
昔の人は、打ち水をしたり、軒の出を大きく取り涼しくなる工夫をしていたのです。
最近の家は外観デザインの観点から、軒が無く雨や日射を防ぐことが出来なくなっていますが、日本古来の気候風土から出来た先人たちの知恵だったのですね。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら

 

カテゴリー: 高断熱 住宅 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 高断熱住宅のメリット はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ