真柄工務店公式ブログ

» 2016 » 5月のブログ記事

外断熱と内断熱はどちらが良い?

「外断熱と内断熱はどちらが良いのですか?」
「断熱材は何が良いのですか?」

この二つの質問を完成現場見学会や、
構造見学会などで良く受けます。

家を建てる人にとっては、断熱材の選択は工務店を探すときに、
最初の指針になる部分ですね。

今日は、外断熱と内断熱のそれぞれの
メリットデメリットについてお話しましょう。
自然素材とダブル断熱の家

外断熱のメリットとデメリット

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
外断熱と言うとどの様なイメージをお持ちですか?

私が簡単に、外断熱のイメージをお話するとすれば、
「冷蔵庫を想像してください」。
よくこの様な、言葉で説明します。

冷蔵庫は外気の影響を受けにくく、保温能力が高いですよね?
外断熱の家が、正にその様な効果が高く得られる家です。

壁や屋根の家の外側で断熱材を張っていくので、
気密が取りやすくなります。

気密が取りやすくなると、家全体の隙間が少ないですから、
家の中の冷暖房効果が高く得られて、24時間換気システムも
計画通り換気が出来ます。

そして、もう一つの外断熱のメリットは、
壁の通気層と屋根の通気層が簡単に連続して取れる事です。

外断熱のデメリットについてですが、まず内断熱に比べて
コストが掛かることが一番のデメリットでしょう。

外断熱の場合は、材料1枚の値段もそうですが、
大工さんが1枚1枚現場で貼っていくので、
手賃が大きくコストに反映されます。

そして、もう一つの外断熱のデメリットは、
基礎断熱の部分の白蟻対策でしょうか。

近年では、ホウ酸入りの薬剤を注入した断熱材を
基礎に貼っていますが、それだけでは白蟻対策は万全とは言えません。

内断熱のメリットとデメリット

内断熱のお話は、デメリットからお話します。
内断熱の大きなデメリットとして断熱材を
きちんと施工がしにくい点があります。

通常家の壁の中は、設備の配管があったり、
筋交いと呼ばれる耐震性に関わる部材が斜めに入ってくるので、
断熱材をしっかりと入れ込むことが難しくなります。
そして断熱欠損を起こし易くなり壁内結露の原因になります。

しかし、内断熱にも、断熱欠損を解消する種類の断熱材があります。
ウレタン吹き付け工法や、セルロースファイバー吹き込み工法です。

もう一つの内断熱のデメリットは、
柱や間柱の部分には断熱材を包む事が出来ないので
壁全体で見ると柱、間柱、梁の部分は非断熱部分が出来てしまいます。

内断熱の大きなメリット言えば、外断熱工法の逆で
コストが安くなる点でしょう。
分譲系で良く使われている、グラスウール断熱材は
数多くある断熱材の中では、コスト的には一番安く手に入りますし
性能もとても良いです。問題は施工の仕方にあるのです。

外断熱と内断熱についてお話しましたが、
いかがでしたか?

外断熱と内断熱どちらを選ばれても良いと思います。
大事なことは、きちんとした断熱施工が出来る
能力がある工務店かどうかだと思います。

内断熱にしても外断熱にしても、気密性能が低く隙間だらけの
施工では意味がありません。
隙間があると言う事は、壁内結露の可能性が
高まることになりますし、家の快適性も失う事にもなるのです。

国はZEH(ネットゼルエネルギーハウスや
BELS(省エネルギー表示制度)など
住宅の高性能化の普及に向けて、補助金制度を設けています。

内断熱か外断熱か?の選択肢では無く、
内断熱+外断熱が当たり前になってくるのです。

真柄工務店でも、内断熱+外断熱が標準になっています。
完成見学会などで、是非ご体験ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 外断熱 内断熱 | タグ: , , | 外断熱と内断熱はどちらが良い? はコメントを受け付けていません。

坪単価はあてにならない?

家を建てる時に一番気になる事は、
やはりお金のことではないでしょうか?
TVコマーシャルでも、有名タレントを使い、○○万円で家が建つ!
坪単価○○万円!など派手に宣伝していますよね?
その効果もあり、すっかり浸透している「坪単価」と言う言葉。

今日は、この坪単価について書いてみます。

坪単価はあてにならない?
自然素材施工例

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
まずは、坪と言う単位はどの位の大きさかご存知ですか?
簡単に言うと畳2枚分で、3.30579㎡です。
㎡から、坪数に直すには、㎡数に0.3025を掛ける事で坪数が分かります。
例えば、100㎡は何坪か?100X0.3025=30.25坪になります。

坪単価はあてにならない?
どうやって、坪単価を安く見せるか?

完成見学会などで、一番良く聞かれる事は、坪単価です。
でも、坪単価表示には、明確なルールは存在しません。

各建築会社で勝手にルールを作り、表示しています。
正直に、坪単価を表示する会社は、家を建てる方からは、
高いと感じるかもしれません。

では、安く坪単価を表示している会社とは
何が違うのでしょうか?

まず、対象となる面積が違います。
坪単価に使う面積には、通常であれば延べ床面積を使います。
単純に安く見せるには、ここの面積を増やせば良いのです。

施工床面積と称して、延床面積に含まれない、吹き抜け、バルコニー、
玄関ポーチなどを含めて面積を増やすのです。

そして、もう一つ安く見せる方法は、工事金額を少なくする方法です。
建物本体工事金額に、どこからどこまでが含まれるかを確認しましょう。
通常であれば、外構費用や道路からの水道の取り出し費用は別途になりますが
その他は全て含まれてきます。

安く見せるには、電気幹線引き込み工事、仮設工事(水道、電気、トイレ)を別途計上し、
給水工事、排水工事も道路からの距離によって全て別途計上しているようです。
もっと酷い所は、基礎工事も別途扱いにする会社もあります。

坪単価はあてにならない?ついて
お話しましたが、いかがでしたか?

坪単価は、あてにならい理由が分かりましたでしょうか。
結局いくら安く見せても、別途工事を重ねて行くと総額では
逆に地域密着工務店の方が安くなったりします。

坪単価で建築する会社を選ぶのでは無く、
金額で判断するのであれば、総額と内容の吟味を良く確認してください。

金額も大事な部分ですが、その会社の理念や知識は、
もっと大事な部分だと私は思います。

真柄工務店は、暖涼の家を自然素材と組み合わせて
快適な空間造る地域密着工務店です。

資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 坪単価はあてにならない? はコメントを受け付けていません。

基礎断熱か?床下断熱か?

基礎断熱か?床下断熱か?
昔の家は布基礎と呼ばれる工法で、床下は土が丸出しの状態でした。
床下の湿度が高く、基礎を切り欠き換気口をつけて、風が抜ける様にしたものです。

しかし、近年は防湿シートを貼り、床下全体をコンクリートが覆う「ベタ基礎」が主流です。
湿気防止や、シロアリ対策に有効です。そして、ベタ基礎の大きな利点は
家の荷重を、底盤全体の面で支える事が出来る事です。

ベタ基礎が主流ですが、殆どの住宅は床下断熱です。
そこで、基礎断熱と床下断熱の事を書いてみます。
自然素材施工例

基礎断熱か?床下断熱か?
床下断熱のメリット

西東京市で自然素材を使った気持ちの良い家造りをしている
真柄工務店代表の眞柄です。
床下暖熱の大きなメリットは、断然コストです。
基礎断熱に比べて、費用がかかりません。
そして、白蟻の心配が基礎断熱に比べて少なくなる点です。

基礎断熱か床下断熱か?
床下断熱のデメリット

床下断熱のデメリットですが、配管配線などの取り合いの気密処理が難しくなり、
また床下の複雑な構造から断熱材をしっかりと入れる事が困難になります。

一番のデメリットは、冬場の冷たい冷気が床下に入り込み、ベタ基礎のコンクリートを
冷やし続け、コンクートが蓄冷され室内に影響されてしまう事です。
また、冬に蓄冷されたコンクリートと夏の暖かく湿った空気と
触れ合い、結露を起こす事があります。

基礎断熱か床下断熱か?
基礎断熱のメリット

基礎断熱の一番のメリットは、気密が取りやすい点と、
床に高低差があっても断熱ラインが取りやすく、断熱欠損になりにくい事です。

また、床下に外気を取り入れないので、床下を室内と同じ温熱環境に出来ます。

冬場に室温が20度、外気温が0度の場合、基礎断熱工法では、
1階床下の温度は室内温度と比較して1~2度低くなる程度です。

夏は、室内の熱を基礎ベースであるコンクリートが吸収することで涼しさを生みます。
基礎コンクリートは、室内の熱を吸収して24℃程度になり、
その温度を秋から冬にかけて下げながら18度程度を保ち冬に入ります。

基礎断熱か床下断熱か?
基礎断熱のデメリット

基礎断熱のデメリットは、やはりシロアリ対策でしょう。
白蟻被害が基礎断熱に広がり、各断熱メ-カ-から、
ホウ酸入り断熱材が販売されています。

ホウ酸入り断熱材にも、EPS断熱材とXPS断熱材がありますが、
EPS断熱材の方がホウ酸効果が高いとされています。
しかし、これだけではシロアリ対策は不十分です。

基礎立ち上がりと耐圧盤を一回で打設する事でコンクリートの
継ぎ目を無くす事や、蟻返しを設置する事も大事な事です。

いかがでしたか?
基礎断熱と床下断熱についてお話しました。

基礎断熱と床下断熱の大きな違いは、やはりコストの面です。
基礎断熱材と床下断熱材の価格差は殆ど変わりませんが、
防蟻対策として基礎の一体打ちを行う事で基礎工事も20%費用が上がります。

しかし、その分快適な温熱環境を整える事が出来るので、
真柄工務店では基礎断熱を採用しています。

真柄工務店は、暖涼の家を自然素材と組み合わせて
快適な空間造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 基礎断熱か?床下断熱か? | タグ: , | 基礎断熱か?床下断熱か? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ