西東京・多摩で高断熱高気密、床下エアコン、自然素材・無垢材の新築・注文住宅 | 真柄工務店

ブログ

BLOG

新築 あめ色のフローリングになる家づくり

お酒好きの方なら、年代もののウィスキー
大人の男性なら、使い込まれた革製品
お洒落に敏感な女性なら、べっ甲のアクセサリー
お料理好きな方なら、じっくり炒めた玉ねぎ
グルメな方なら、しっかりと燻された燻製食品

人によって色々なものが浮かぶと思います。

これら全てに、共通するものがあります。
それは、時間。

手間暇や時間をかけてじっくり醸成されるものなのです。

そしてそれは通常の何倍もの旨味や輝きや深みを増し、
人々を魅了してやみません。

あめ色になるのは無垢フローリングだけです

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

深いあめ色で、うっとりするような艶が高級感を醸し出し
何十年もの時を経て、今なお輝きを増し続ける。
それでいて、優しく人生経験豊かなおじいちゃんのような
温かみのあるフローリング。

古い建物にある重厚感は、
無垢フローリングの力であると言い切っても過言ではありません。

時間が歴史になり、歴史が価値になる。
時間を経て価値が高まるものは、
今の時代、そうそうありません。

人間の身体も、歳をとればあちこちに不具合が生じるし、
電化製品などは5年も経てば、
いつ壊れても不思議はありません。

そしてその時間と手間ひまによりできたものは
安全で、美しい。

時間というより「歴史」
と言ったほうがふさわしいほど
悠久の時間が作り上げた逸品です。

一朝一夕にできるものではありません。
一本の樹木が、無垢材に使用できるまでに
成長するのには、永い永い時間が必要です。

森林画像

成長に時間がかかるのに、
どんどん新しい家や物を作り続けるから
樹木はどこでも不足気味です。

どこの地域で伐採が禁止になったとか、
樹木が枯渇してきたといった理由で、
いま、世界的に無垢フローリングの価格は
高騰しているのです。

それでも無垢フローリングを標準としているのは何故なのか。

床下エアコンを採用している真柄工務店では、
無垢フローリングよりも、
動き難い合板フローリングを選んだ方が、
工事業者としては楽なんです。

でも15年程度で張替えになってしまう合板フローリングでは、
スクラップ&ビルドを卒業したいと考える想いと
逆行することになります。

スクラップ画像

無垢フローリングは最初の1-2年は、
調整が必要なこともありますが、

その家に馴染んでくれば、
30年、50年と使い続けることができるんです。

最初の1-2年を面倒に思うか思わないか…。

私たちは建てたお客様とは、
一生のお付き合いと考えています。

だからこそ無垢フローリングのデメリットもお伝えしつつ、
無垢フローリングを
あめ色に変化するまで住み続けていただけるように、
一生サポートをさせていただいています。

無垢フローリングも進化しています

無垢フローリングと聞くと、
ロスが多くて使い難いという同業の声を聴くこともあります。

眞柄工務店では品質の高い無垢フローリングを、
丁寧に工事することで、
入居後の不具合も限りなく少なくっていますが、

ご不安なことは
お気軽に、ご相談くださいね。

建築業界40年の
代表眞柄大介が丁寧にご説明いたします。

あ、でもちょっと口下手なんで、
一般的な営業マンのような、
営業トークができませんので、ご了承くださいませね。

真柄工務店へのお問い合わせはココから
資料請求がまだでしたら、
こちらから資料をご請求くださいね。

投稿者:由紀子眞柄
カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者