真柄工務店公式ブログ


日射しのコントールで省エネ住宅

最近気温が38度になって暑くても、いきなり午後からゲリラ豪雨だったりお天気が不安定ですね。
夏の暑さ対策はどの様にされているでしょうか?
今日は日射しのコントロールついてお話をしたいと思います

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
太陽は夏高度が高く冬は低くなります。
これは殆どの方がご存知だと思いますが、東京の場合夏至で78度、冬至で31度と大きな差があります。
建物設計の工夫で出来る事は、夏対策として南窓の上に庇や屋根の軒先を長く作ったり、
ベランダを南窓の上に作るなどがあります。また、遮蔽物の簾やシェード、外付けブラインドも有効です。
そうした工夫で夏の日射しをカットし、冬の低い日射しを十分に取り入れることが出来ます。
冬は掃き出し窓一つで約2000Wの熱を取り込めるので、太陽は無料の暖房機なのです。
逆に夏は日射しのカットをしないと、冷房をしながら無料の暖房をかけている事になります。
これって、不経済ですよね?でも、よく見るとこの様なお家沢山見かけます。

ガラスの種類で省エネ

南面は太陽高度の違いによって、庇や軒の出で日射しのコントールは可能です。
しかし東西、北面は一年を通して太陽高度は低いので、シェードなど遮蔽物も有効ですが、
サッシの開き勝手によっては遮蔽物での日射しのカットは、不可能になってきます。
そこでサッシのガラスの種類で日射しをコントロールする必要があります。

ガラスで日射しをコントロールするにはガラスをLOW-Eガラスにする必要があります。
Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略で、複層ガラスのうち、その内面部に特殊な金属膜を設けたものを言います。
Low-Eガラスには2種類あります。断熱タイプと遮熱タイプです。
遮熱タイプは約60%の日射熱をカットできますので東西、北面に使用します。
ハウスメーカーでは一律遮熱タイプを使っている様ですが、南面には断熱タイプを使用した方が日射取得を20%余計に得ることが出来ます。
また、断熱タイプガラスには、ブルーやブロンズなどガラスに色が入っているものを選ぶと
日射取得率が下がるのでニュートラルタイプにしましょう
※防火の規制が係る地域では使い分けは出来ません。

植栽で省エネ

窓の外に植栽を植えるスペースがあるのであれば、南面に落葉樹を植えるのも省エネになります。
夏の日射しの強い時は日射しを遮り冬は枯れてしまうので、日射取得はできます。
よく使われる樹種はヒメシャラやヤマボウシ、モミジなどがあります。

いかがでしたか?

日射しのコントールで省エネを実現するには設計の段階での検討が大きく左右します。
どこから日射しが入るのか?どこの窓から風が入り出ていくのか?
通風計画も大きく省エネに寄与します。特に高断熱住宅は冬暖かいのは当たり前です。
高断熱住宅は夏暑くなりやすいので、日射のコントロールが大事になります。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 日射し コントロール 省エネ | タグ: , | 日射しのコントロールで省エネ はコメントを受け付けていません。

補助金を貰って高性能住宅

梅雨明けしていないのに、夏の様な暑さですね。
現場の大工さんも汗を大量に流して一生懸命やってくれています。
私も大工で現場に出ているときは、人一倍汗をかきやすいので一日に6回くらいは着替えていました。
先日例年よりだいぶ遅れて地域型グリーン化事業の概要が発表されました
行政も今は家つくりにおいて、色んな補助金を出していますので確実では無いですが
応募する方がお得です。
今日は補助金についてお話したいと思います

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
「高断熱高気密住宅」と言う言葉は、今から30年前大工として
高断熱高気密住宅を造り始めた頃はあまり聞きなれない言葉でした。
今ではZEHやBELSなど行政主導で、エネルギーを少なくて済む家つくりに
力を入れているからでしょうか、今では普通に聞くようになりました。
地域型グリーン化事業も、行政の省エネ住宅を推進している一環です。

29年度地域型グリーン化事業
今年は地域型グリーン化事業の概要が昨年よりも遅れて発表されました。
この様な補助金も行政が少ないエネルギーで賄えて、永く使える住宅を増やす目的で
行われていますが、取り組んでいる工務店も数少なく西東京市では僅か5社です。
長期優良住宅、認定低炭素住宅で100万円、ゼロエネルギー住宅で165万円補助金が頂けますから、
絶対に貰える保証は無いですが、応募する価値はあります。
元々長期優良住宅をお考えの方には、応募する価値があると思います。
行政から、認められているグル-プに対して補助金が割り当てられます。
グループの認定決定が8月末ですので着工時期に余裕のある方が、比較的利用しやすくなっています。
また、認定グループに登録されている工務店しか使えませんので、お願いする工務店に確認してみてください。
実績工務店検索はこちらからhttp://builder.chiiki-grn.jp/
地域型グリーン化事業の詳細はこちら
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000737.html

H29年度 木造住宅新築で最大165万円の補助金 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 | 地域型住宅グリーン化事業の概要


ZEH補助金
ZEH補助金は太陽光発電をご検討している方にお勧めです。
東京ですと外皮性能を0.6W/㎡k以下にして、使うエネルギーと
太陽光発電で得たエネルギーで実質0に出来れば補助金を申請できます。
また、設計一次エネルギー(エアコン、換気、照明、給湯器具)を基準値より-20%以上削減しなければなりませんし、
建築する業者はZEHに登録されている業者に限ります。
ZEH補助金の詳細

ゼロエネ住宅(ZEH:ゼッチ)で75万円の補助金 | 平成29年度ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の概要


いかがでしたか?
行政からの補助金は、確実には貰える保証は無いですが応募してみる
価値はあると思います。
補助金はどうしても、時間的タイミングや時間的制約がつきものです。
地域型グリーン化事業に関しては、昨年度の例ですと10月末に実績報告書を提出が義務付けでした。
それを過ぎると補助金はいただけません。
長期優良住宅より比較的取りやすい、認定低炭素での補助金は、
募集数が少ないので補助金を頂くのは厳しいでしょう。

カテゴリー: 補助金 高性能住宅 | タグ: | 補助金を貰って高性能住宅 はコメントを受け付けていません。

サッシは何が良いですか?

梅雨明けしていないのに、夏に近い暑さですね…
でも、私大工時代から雨男でして、上棟、土台敷きかなりの確率で雨が多いです。
先週の上棟も雨が降りました。

最近問い合わせの中で、サッシは何が良いですか?
そんな質問をよく受けます。
今日はサッシについてお話をしたいと思います

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
今から35年前私が大工になりたての頃、アルミサッシの単板ガラスが主流でした。
リフォーム工事で木製で出来た窓をアルミサッシに交換する仕事も、多くありました。
その後ペアガラスが登場して、サッシ性能は格段に向上しました。

遅れている日本の窓事情

ペアガラスの登場で進歩した日本の窓事情ですが、窓の断熱性能は4.65w/㎡K
窓の断熱性能は熱貫流率と言う指標で表します。U値とも呼ばれています。
内外温度差1度の時、窓面積1平米あたり1時間で通過する熱量を表していますので
小さい数字の方が高性能です。
日本の新築住宅で約70%の窓がこの4.65w/㎡Kの性能の窓が使われています。
ところが、アメリカやヨーロッパでは犬小屋や倉庫にしか使えませんし、
お隣の中国や韓国でも法律の基準を満たしていないので使えません。
それだけ、性能が悪いのです。
韓国、アメリカ、ヨーロッパでは、住宅に使う窓は樹脂窓か木製窓です。

断熱材を選ぶ前に大事な事。

窓の仕様規定が厳しくないだけで、日本に性能の良い窓が無いわけではありません。
夏涼しく、冬暖かい家と言うと直ぐに断熱材のお話に成りがちです。
確かに断熱材の厚さも高断熱住宅には大事な部分ですが、
でもその前に一番大事なのは窓の強化です。
窓は壁の穴と言われています。夏は70%窓から熱が入り、
冬は50%位暖房が窓から逃げていきますので、サッシの選択が重要になってきます。
サッシは最低でも、樹脂製のペアガラスが良いと思います。
ご予算に余裕があるようでしたら樹脂サッシのトリプルガラスが良いと思います。

樹脂サッシにアルミスペーサーはもったいない

ペアガラスには、ガラスとガラスの間にスペーサーと呼ばれる部分があります。
折角樹脂サッシを選んだのに、アルミスペーサーが入れてしまう工務店もありますので
準防火地域以外の方は、樹脂スペ-サ-を入れてもらいましょう。
また、ペアガラスの間にアルゴンガスを入れると
費用も大して掛からず断熱性能を上げることが出来ます。
土地探しから家つくりをする方は、まだまだ、防火樹脂サッシは高価ですので、
準防火地域を外して土地を探すと、高性能な樹脂サッシを使いやすいです。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: サッシ 選び方 | タグ: , | サッシは何が良いですか? はコメントを受け付けていません。

住宅瑕疵担保履行法=安全??

住宅瑕疵担保履行法が2009年に施行されました。
住宅瑕疵担保履行法は新築マンション建売住宅や注文住宅の事業者に、
資力確保措置を義務付けたものです。
簡単に言えば、10年間構造耐力上主要な部分及び雨漏りに関して、
10年間の間に事業者が倒産しても消費者が保護されるので、保険金で直すことができます。

瑕疵担保履行法保険だけでは、安心できない

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
瑕疵担保保険は、新築住宅では加入が義務付けられているので、その点では安心です。
仮に万が一瑕疵が発生して、お願いした建築業者が倒産などしていても
お客様自身が瑕疵担保保険法人に直接費用の請求ができるので安心です。
私が、見出しに書いた「安心できない」は何でしょう?
安心できない理由は2つあります。

瑕疵担保保険が安心できない理由その1

瑕疵担保履行法は、お引き渡し日が基準になっていますので、
工事が完了していない時に事業者が倒産しても何の保証もされませんので注意が必要です。
手付金や工事が進んで6割、7割の工事代金を支払っても未完成のままになってしまいます。
完成サポート制度に加入している工務店を、選ぶ事が倒産リスクを回避する一つの方法だと思います。
完成サポート制度は、業者登録の際に財務体質のチェックと
毎年決算報告書の提出が義務付けられているので、完成サポートに登録できている会社であれば
倒産リスクは低くなります。

瑕疵担保保険が安心できない理由その2

工務店によっては、「第三者機関の基礎配筋検査、躯体構造検査がありますから
地震に対しても安心ですよ。」
その様な説明を受けているとしたら大間違いです。
それは、第三者機関は工務店から提出された図面と照合してチェックしているだけの話です。

構造的に安心の確証はどこにもありませんし、
地震で倒壊しても担保はしてくれません。

構造的に安心には、構造計算

構造計算は二階建て木造住宅には義務付けされていないので、
日本の二階建て木造住宅の実に90%以上は構造計算されていないと言われている。
木造住宅の場合は、構造計算は大きく分けて3つ。
(許応応力度計算ルート1)、(許応応力度計算ルート2)、(保有水平耐力計算ルート3)
これの計算を構造計算と言います。
壁量計算を構造計算と勘違いしている、建築業者さんもいますので、それは全く違います。
壁量計算は、壁の量が足りているかどうかの簡単なチェックでしかありません。

構造計算は、建物自体の重さ、床に乗せる物、人の重さ、雪が積もった時の重さ
すべての重さを計算して、その重さに耐えることが出来る地盤、
基礎の計算。重さの力の伝わり方。重さの支えるバランス。
地震や台風が来た時にどの位変形するかも計算するのです。

瑕疵担保保険についてお話ししましたがいかがでしたか?

確かに図面通り、施工しているか?第三者機関がチェックしてくれることは安心ですし
瑕疵が起こった時に保険でカバーされている点では安心です。
しかし、第三者が検査しているから、地震に対して構造が安心ではありません。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 瑕疵担保 安全 | タグ: , | 瑕疵担保保険は安心か? はコメントを受け付けていません。

 

耐力面材の選び方

桜が開花して春真っ盛りですね。
入学式に向かう親子連れを見ると、何だか心が和みます。
今日は、耐震性を高める為に張る耐力面材のお話です

こんにちは。西東京市で自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
耐力面材と言ってもピンとこない方もいらっしゃると思いますので、
下の写真を見てください。

よく建築中に見かける外壁を仕上げる前に、張ってあるものです。
この耐力面材にも様々な種類があります。
そこで、どんな耐力面材を選ぶと家のために良いのでしょうか?
私は選ぶ基準に透湿抵抗値を見ます。
透湿抵抗値は簡単に言うと、湿気が逃げやすいか?
閉じ込めてしまうか?の目安になる数字です。
数字が低いほど湿気を逃げやすくするのです。ちなみに、画像の面材はOSBです。

何故湿気が逃げやすいか逃げにくいかが目安にするのか?
それは、殆どの家は通気工法と呼ばれる工法を取っています。
外壁の裏側に空気が流れる様になっているのです。
通気工法は、壁の中の湿気を通気層を利用して外に排出するものです。
しかし、通気層に行く前にあるのが耐力面材と呼ばれる部分です。
この耐力面材が湿気を逃げにくいものだと壁の中に湿気を
閉じ込めてしまうので、通気工法をする意味がなくなってしまいます。

合わせて防湿気密シートを、室内側の石膏ボードの裏側に入れる事が大事になってきます。
防湿気密シートを張ることで室内に入り込む湿気を減らせます。
特にグラスウール断熱材においては、気密防湿シートは絶対に必要です。

ただ、決められた間隔で釘を打てばいい?
耐力面材には決められた釘の種類、釘の間隔があります。
それは、きちんとした耐力壁の性能を出すために試験をして認定を受けているからです。
ですが、この釘は機械で打っていくのですが、大工さんによっては、
ただ釘を打てばよいと思っている大工さんも沢山います。
写真のように、釘が材料にめり込みすぎてしまったりします。
これは機械の釘の浮き沈み調整を怠っているからです。
これでは、きちんとした性能は出にくい状態になってしまいます。

耐力面材の選び方についてお話しましたが、
いかがでしたか?
耐力面材にも様々な種類がありますが、値段が安いく使いやすい材料は、
一気に壁内結露の可能性が高まります、壁内結露は住んでいる人には分かりません。
壁内結露を起こせば、大事な構造体を腐らせてしまい、
シロアリの被害にあう確率が格段に高まり耐震性は無くなってしまいます。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 耐力面材 選び方 | タグ: , | 耐力面材の選び方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ