西東京・多摩で高断熱高気密、床下エアコン、自然素材・無垢材の新築・注文住宅 | 真柄工務店

ブログ

BLOG

住宅の安全性

2021年4月22日

アパートの階段が崩れ住人が転落した事故から考える住宅の安全性

悲しいニュースが飛び込んできました。
住宅の安全性を根幹から覆す出来事は、
あってはならない事故です。

アパートの素と階段
アパートの外階段

女性は意識不明の重体。
1日も早く回復されることを願うばかりです。

もしも自分だったら…。

そう考えると、
とても恐ろしく、
想像するだけで震えてきます。

身体的に回復できても、
恐怖心が癒えるには時間がかかりそうです。

階段恐怖症が残ったら、
毎日の生活に支障が出てることも考えられ、
住宅の安全性を突き付けられる出来事でしたが、

改めて、住宅の安全性についてポイントを考える
きっかけにさせていただきたいと思います。

  • 耐震について
  • 火災時の安全性
  • 防犯は大丈夫?
  • バリアフリーについて考えてみる
  • 住宅の安全性をまとめてみると

耐震について

こんにちは!西東京市を中心に
床下エアコンの家づくりをしている真柄工務店スタッフ
眞柄由紀子です。

住まいの安全性は、
家づくりでの最低条件ですが、

その中でも震災大国日本としては、
耐震についての安全性は、
避けて通れない部分です。

大工が工事をしている
大工がしっかりと安全をみつめます

とはいえ耐震等級表示が、
2021年4月から義務化され、
家づくりを考える建て主様には、
わかりやすくなったことは朗報です。

自然災害は年々増えているのか、
巨大化しているのか、
そこはわかりませんが、

先祖代々、自然災害を乗り越えてきた日本人。

受け継いできた英知と、
現代に生きる私たちの知見で、

日本の住宅は、
世界に類をみないほど進化してきました。
想定外の自然災害が、
少なくなることを期待したいですが、

そうならなかったとしても、
諦めずに、
前進していきましょう!

火災時の安全性

今年は火災のニュースが多いような気がします。

三の酉まである年は、
火災に気をつけろと言いますが、
あながち迷信でもないのかもしれません。

酉の市

火災は住まいの大敵です。
それだけではなく、
万が一のことがあれば近隣にも迷惑がかかります。

鉄筋コンクリート造の住宅は、
一般的に1000度の熱に2時間近くの耐久性を維持し、
もしもの場合でも倒壊を免れることができると言われていますが、

木造住宅でも、
建材や間取りを選ぶことで、
耐震性能を上げることは可能です。

ご心配な方は、
まずは無料相談をお申込みになってみてくださいね。

防犯は大丈夫?

セキュリティ会社と契約するご家庭が増えていると言いますが、
日本の安全神話が崩れたのでしょうか。

きちんと数字を追っていませんが、
日本は昔から、
防犯対策はぬかりありませんでした。

例えば、玉砂利。
日本の住まいの定番の玉砂利は、

音が出ることで
庭先から侵入する空き巣犯を、
抑制することができます。

さらに屋外センサーや、
照明を配置することで、
空き巣被害がグンと低くなります。

庭があった方が住まいのグレードがアップしますので、
犯罪防止のために、
庭を諦めるということのないよう、
しっかりと考えていきたいですね。

バリアフリーについて

バリアフリー、
最近はユニバーサル住宅という表現もありますが、

家族みんなに優しい家が
バリアフリー住宅です。

具体的には車椅子の移動がし易かったり、
平行移動だけ日常生活ができる工夫は、
間取り検討の際に、考えても良いかもしれません。

車椅子の画像
車椅子にはバリアフリー住宅がいいですね

でも最近は、
元気なうちから暮らしやす過ぎることで、
ボケが早くなっているのではないか?

という考え方も出てきました。

自分自身を振り返っても、
段差があれば気を付けて歩く。
動き難いから筋肉を使って行動するようになります。

つまり元気なうちから、
体を甘やかすのではなく、

無理が効かなくなった時点で、
段差をなくしたり、
手すりを付けた方がいい。

という考え方です。
住宅は家族の成長とともに
使い方が変わってきます。
新築した時から、

何も変わらずに住み続けるということは、
現実的ではありません。

住む人と、
家と一緒に成長するという発想から、
間取りを考えていっても
いいのではないでしょうか。

住宅の安全性をまとめてみると

アパートの階段が崩落した事故から、
住宅の安全性を改めて考えてみましたが、

住宅は私たちが安らぐための場所。

そこの安全性が揺らいでしまったら、
生活基盤が崩れ去ってしまいます。
毎日を豊かに、快適に生活するために、
住宅の安全性は、必須です。

私たちが手がける注文住宅は、
デザイン性や見た目に注視しがちですが、

当たり前の安全性能を忘れてはいけないと、
改めて緊張する出来事でした。

  • 耐震について
  • 火災時の安全性
  • 防犯は大丈夫?
  • バリアフリーについて考えてみる

以上の当たり前の安全性4つに加え、
当社では、
室内の空気質の安全性も重要視しています。

無垢フローリングや、
塗り壁などを標準としているのも、
住宅の安全性を第一に考えているからです。

本気で住宅の安全性を考えたいという方は、
真柄工務店に一度、ご相談ください。

真柄工務店では定期的に
現場見学会を開催していますので、
まずはお問い合わせくださいね。

真柄工務店は高断熱高気密と、
自然素材が標準仕様。

真柄工務店へのお問い合わせはココから
資料請求がまだでしたら、
こちらから資料をご請求くださいね。

お問い合わせはこちら
投稿者:由紀子眞柄
カテゴリー
More
タグ
More
最新情報
ランキング
月別アーカイブ
投稿者