真柄工務店公式ブログ


こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

先日西東京市で上棟しました!
上棟現場

事務所から車で5分の近さです。
地元でお仕事が頂けるのはとても嬉しい事です。
今回の建前は大工さんの平均年齢が29歳と言う
若い力で上棟しました。

以前私の会社で働いていた大工さんも、10年振りに頼もしい姿で上棟を
手伝ってくれて嬉しかったですねー。
31歳になり人間的に大人になっていました。

若い大工さん、今はとても貴重な存在です。

大工さんの人口は歯止めが効かず、1980年には94万人いましたが現在は38万人です。
更に東京オリンピックが開催される2020年には21万人まで減ると言われています。
これは大工さんだけでは無く、建築現場に働く職種殆どに言える事になっています。

殆どの工務店は仕事が出ると大工さんを探してくる体制を取っています。
私の会社の様に、社員として雇用している形態はごく稀です。
私が大工を始めた時は、正に逆で一つの工務店に
社員の様な形態で雇用される方が多かったのです。

分譲系の建売住宅が増えて来ると、大工さんに
1棟での賃金でお願する形態が増えてきました。
今ではほとんどの会社がこの形態を取っています。
例えば一棟100万円でお願すれば、100万円を1か月で終われば月給100万円。
2か月なら50万円になる訳です。
早く終われば収入が増えていくのです。

どちらの雇用形態が、良いのか一概には言えませんが、
社員で雇用した方が技術の安定を図れると思い私はこの形態を採用しています。

この先大工さんが減って行く事になると、技術的に優れた大工さんは、
仕事を切らさず安定的に仕事を得る事が出来ますが
、マナーが悪い大工さんや技術的に劣る大工さんは、
色んな会社を渡り歩くことになります。

良い大工さんに出会うために、家造りをするときには、お願する工務店に長く在籍している大工さんか確認する事もこれからは必要になってくると思います。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 若い 大工さん 宝 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 若い大工さんは宝物 はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

漆喰や珪藻土は割れてきませんか?
紙クロス下地

こんな質問を良く受けます。
漆喰や珪藻土に限らず、ビニールクロスでも下地に
石膏ボードを貼ってから仕上げます。
石膏ボードは柱や間柱など木材にビスを使って止めつけるのが一般的で
ビスの間隔やビスの長さは石膏ボードの厚みによって決まっています。

木造在来工法では、石膏ボードの厚さプラス15mmm以上のビス長さで
周辺部は150㎜以下ピッチ、中央部は200mm以下に止めるのが普通です。
例えば、12.5㎜の石膏ボードだとした、ビスの長さは28mm以上が基本です。

この正しいやり方で石膏ボードを止めていても、
下地材の木材の乾燥収縮によって、引っ張られて仕上げ材がひび割れたりします。
ビニールクロスの場合は、ビニールで出来ているので引っ張りに強く左官による塗り壁材の方が割れやすいのは確かです。

左官の塗り壁材でも割れにくいと謳っている材料もありますが、
割れにくくするためには、やはり樹脂を入れる必要があるので、
自然素材としてはお薦めできません。

そこで私たちは何とか割れにくくする為に、漆喰や珪藻土を塗る前に、
一度竹材をまぜた紙クロスを捨て貼りしています。
紙クロスなので壁の調湿を邪魔しませんし、
紙を貼ることによって割れが激減しました。

割れてしまうのは、ただ単に施工不良と言うことではなく、
ある程度は仕方のない事ですが、新築で家を建てて直ぐに割れてしまうと言うのは、
お客様にとっては気持ちの良い事では無いです。

割れにくい樹脂が入った塗り壁材使うと言う選択をするのならば、
ビニールクロスとあまり変わらないので、
コスト的にもビニールクロスの塗り壁風を選択された方が良いかもしれません。

私達は、自然素材の本来持つ性能を
大事にしていきたいので、
手間がかかっても
紙クロスを貼ってから仕上げます。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 漆喰 珪藻土 割れ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 漆喰や珪藻土は割れやすいですか? はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

日本の家の寿命を短くしている一番の原因は結露です。
自然素材施工例

正に今の時期窓に結露は起こっていないですか?
空気は温度によって含むことが出来る水蒸気の量が決まっています。
暖かい空気ほど沢山の水蒸気を含む事ができるのです。

暖かい空気が、冷たいものに冷やされ温度が下がり、
余った水蒸気が水になり結露します。

結露には表面結露と内部結露があります
表面結露は住んでいる人が見えるところで起こりますが、
内部結露は住んでいる人が見えない壁の中で起こるのです。

壁の中で結露が起こると、家を支えている柱や土台に腐敗菌が
発生して腐食していきます。
そこにシロアリが発生して家の構造体を食い尽くす事になるのです。

それでは、どうしたら内部結露が防げるのでしょうか?
答えは簡単です。昔の様な家にすればよいのです。
昔の日本の家屋は。土壁でできていました。土壁は冬暖かく、夏は涼しい。
湿気が多ければ湿気を吸って、乾燥した季節は湿気を吐いてくれました。

現代でも土壁ではなくても、似たような壁構成をすれば同じような事が出来るのです。
外張り断熱でもタイベックなど透湿性の高いシートを貼っていますが、
それ以外の壁構成が透湿抵抗値の高い物を使ってしまえば意味が無いのです。

内装仕上げ材も同じです。ビニールクロスで壁や天井を貼ってしまえば、
呼吸を止めるのと一緒ですから、壁内の湿度は80%を超える事が実証されています。

季節を問わず湿度の移動を自由にできる壁構造にしない限りは、壁内結露の危険性は拭えないのです。

真柄工務店は、安心自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 結露 家 寿命 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 結露が家の寿命を縮めている はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

地元西東京市で基礎工事が進んでいます。
構造計算されている基礎

丁度鉄筋工事が終わった段階で、これから第三者機関の検査が入ります。
キチンと図面通りに鉄筋が組まれているかチェックを受けるのです。
この検査に合格するまでは、コンクリートを打設することが出来ません。

第三者機関の配筋検査は、瑕疵担保保険がついているので、どこでも受けています。
重要なのは、しっかりと構造計算をしている基礎か
していない基礎かです。

残念ながら木造住宅2階建てでは、構造計算は義務付けられていませんから、
日本で建てている2階建ての木造住宅は、殆ど構造計算をしていないのが現状です。

一生に一度のマイホームがそれでよいのでしょうか?
何故構造計算をしないのでしょうか?
構造計算すると、コストが上がるからが建築屋さんの本音でしょう。
コストが上がれば、価格競争に負けて仕事が取れないから。
これが、一番の本音です。

確かに、価格が上がるでしょう。
でも、家を建てる人の中で安全な建物を願わない人がいるのでしょうか?
構造計算をしなくて良い現実も知らないし、業者も適当に安易な壁量計算をして
構造計算をしていますと堂々と語るから、家を建てる人も信じてしまいます。

地震大国この日本で、基礎工事も構造軸組も構造計算をしなくて良い法律もおかしいし、それで平気で造る建築屋さんも沢山いる現実。
安心安全な建物を建てている工務店が、もっと増えていかないと
町の工務店は信用して貰えないし、ハウスメーカーの下請け工務店になり下がるしかないと思う。

真柄工務店は、自然素材を使い温もりのある家を造る地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 基礎 構造計算 必要 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 基礎にも構造計算が必要です はコメントを受け付けていません。

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

昨年度末に補正予算にて、三世代同居に対応した
グリーン化事業の拡充が盛り込まれました。
自然素材の家

まだ予算成立していませんので、内容に変更が
あるかもしれませんが、
地域材を使えば150万円の
補助金がいただけます。
グリーン化事業
このグリーン化事業は2014年度に実施していた
地域型ブランド事業に代わるもので、昨年度から始まりました。

地域型ブランド事業もグリーン化事業も目的は日本の住宅の良質化です。
今までのスクラップ&ビルドをやめて、性能の良い建物を増やしていくのが目的です。
性能を上げると建築費が嵩む傾向があるので、補助金を出して支援をするのです。

それと同時に、地域の中小工務店に長期優良住宅を造る会社を増やす目的もあるのです。
補助金を受けるには、グリーン化事業に登録されているグループに、
所属する工務店と請負契約を結ぶ必要がある為、
どこの工務店でも補助金が受けれる訳ではありません。

良質な住宅を造る工務店を増やす目的がある為、グリーン化事業はグループ数を増やした為に
グループに対する割り当て棟数が激減してしまいました。
その為に、各グループで抽選や早いもの勝ちの措置を取るしかありませんでした。

いずれにしても、とても良い政策なのでもっと多くの人が
補助金を活用して、少しでも良い性能の家を
地域の工務店で建てていただけると嬉しいです。

今日は所沢市で今年初めての上棟でした。
大きな建物でしたので7人の大工さんと鳶が2人合計9人で
無事事故や怪我もなく棟が上がりました。

皆ありがとう!お疲れさまでした。
上棟

真柄工務店は、自然素材を使い温もりのある家を造る
地域密着工務店です。
資料請求はお気軽にご請求ください。

無料資料のご請求はこちら

 

 

カテゴリー: 地域型 グリーン 補助金 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 地域型グリーン化事業補助金 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ