真柄工務店公式ブログ

» 真柄 大介のブログ記事

断熱性能等級4では、寒い家。

暫くブログを書いていない間に桜が咲いてしまいました。
春は人生の新たな出発が多いですね。私の下の娘も、春から新社会人になり、
親として肩の荷が少し軽くなった気がします。
弟にも男の子が生まれて、将来が楽しみです。

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
日本では、寒さの度合いから地域によって、熱の逃げやすさの数字が示されている。
その数字は、UA値と呼ばれていて、温度差1℃あたりの建物全体の熱損失を、建物の外皮面積で割り算した値です。
平成25年省エネ基準(次世代省エネ基準)を満たすと、断熱性能等級4(最高等級)に認定され、高性能な省エネ住宅になる事になっています。
それって、本当でしょうか?

等級4では、体に優しい住まいにならない。
平成25年省エネ基準の前には、平成11年省エネ基準がありました。この時には、UA値では無くQ値と呼ぼれる数字で、断熱性能を表していました。
Q値とは、換気の熱損失を含んだ熱損失を、床面積で割り算した数値です。
UA値6地域で0.87 Q値2.7は呼び方が違うので分かりにくいですが
平成11年省エネ基準も平成25年省エネ基準は、断熱性能は何も変わっていません。
そこで、簡単にUA値をQ値に直す計算式を示します。
Q値=2.67×UA値(0.87)+0.39=2.71

下記の表は近畿大学岩前教授の調査です。転居先の住宅のQ値が良くなるほど、冷え性やアレルギー疾患に改善が見られたというデーターです。
Q値4.2から2.7では殆んど改善率に差が見られないのに対して、1.9にQ値が上がると大きな改善が見られます。
Q値1.9はUA値0.56位になります。

等級4では、家計にも負担増
下記の表は、弊社でお客様に対して、これから建てる家の光熱費と
等級4の家レベルを比較した物になります。
暖冷房費用で年間19543円の差ですが、換気、照明、給湯などをすべて含めると、
年間7万円の差になっています。
35年間で光熱費が245万円の差になるのです。

等級4では、寒い暑い。
下記の表は、室温にどれだけの差がでるか、専門ソフトで計算したグラフです。
夜中の0時に室温20℃無暖房で、温度がどれだけ下がるかを検証しています。
上の表が、Q値1.57(UA値約0.44)下の表が等級4 Q値2.7(UA値約0.87)
一番温度が下がるときで 上の表で15度下の表で10度約5度の室温の差が出てくるのが分かります。

それでは、夏はどうでしょうか?
最高室温は上の表では、36度下の表では、39度位で3度の差が出ているのですが、
外気温を超える時間が上の表では、15時~24時下の表では、11時~24時と4時間位の差になっているのが分かります。

いかがでしたか?
断熱性能等級4でも、暖かく涼しい家にはなりませんし、体にも家計にも決して優しくない事も、ご理解できたと思います。
家計に負担がかかるお金の一部を、性能の良い家造りに回していただけると
余計な医療費も節約されるのではないでしょうか?

カテゴリー: 断熱性能等級4 寒い | タグ: , , , | 断熱性能等級4では寒い家 はコメントを受け付けていません。

2020年省エネ義務化見送り?

明けましておめでとうございます。本年の業務は本日からスタートです。
2020年から、義務化を予定されていた「住宅の断熱性能の最低基準の義務化」が
12月3日に白紙化する案が審議会で了承されたそうです。
これは、日本の家造りを後退させる出来事になりました。

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
「住宅の断熱性能の最低基準の義務化」と言うのは、日本全国を地域別に分けて、
一定の断熱性能基準をクリアしないと家を建てられないと言うお話です。
では、何故義務化を見送るのでしょうか?
理由は簡単に言うと3つです。
① 省エネ基準に対応できない設計施工業者が混乱する
② 審査する行政機関の作業が煩雑になる
③ 基準が住まい手に理解されていない為需要が無い。
とても、情けない理由ですね。住まいとは誰のための物なのでしょうか?

断熱性能を上げると健康寿命が伸びる
交通事故死よりも多いヒートショック死。交通事故死の約4倍の17000人が家の中で亡くなっています。
それでも、断熱性能を上げる事に繋がる義務化を見送る意味が分かりません。
下の表は近畿大学の岩前教授らが、高断熱高気密住宅に引越しした人
35000人を対象にした調査結果です。
断熱性能を上げると、様々な症状が改善されています。

省エネ義務化も低いレベル
今回見送られる省エネレベルも上の表で言えば、東京の基準ではグレード4に該当します。
省エネ基準はとても低いレベルで設定されているのです。それは急にレベルを上げても施工者も設計士も対応が出来ないからです。
国も何も黙っていたわけではありません。省エネ講習を設計士向け、施工者向けに
頻繁に行っていました。
弊社の大工さんも私も講習を受けましたが、内容的には基本中の基本ですが、こんな事さえ知らないプロが沢山いるのかと痛感しました。
それほど、日本は住宅における省エネは遅れているのです。

世界から見ても甘い基準
下の表を見て頂くと、日本が遅れていることが良く分かります

下に暖房デグリ-デ-によって、日本の地域区分が分かれていますのでとても分かりやすいと思います。
暖房デグリ-デ-なんだが良くわかりませんよね?簡単に言うとこの値が同じだと同じくらい寒い地域と言う意味です。
4地域や3地域を見てみると英国の2倍から3倍違います。東京でもカルフォルニアの基準の2倍以上になっています。
いかがでしたか?
電化製品や車などは省エネが進んでいますが、住宅は省エネが遅れている事が
分かったのではないかと思います。
住宅の場合断熱性能を上げる事は、健康で長生き出来る事に繋がり、
結果としてエネルギー削減があります。
いつの日か、日本の住宅も性能を上げて、車の安全性を上げて
交通事故死が減っているようにヒートショック死が減っていく事になると良いですね。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 省エネ 基準 2020年 | タグ: , , | 2020年省エネ義務化見送り? はコメントを受け付けていません。

床下エアコンと基礎断熱
お引き渡しや上棟が続き、すっかりブログを更新できずにいました。
気づいたら11月も終わりに近づき、少し寒くなってきましたね。
今日は、床下エアコンと基礎断熱について書きたいと思います。

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
完成見学会を行うと床下エアコンの質問を沢山受けます。
床下エアコンを採用するには、どの住宅でも採用できるわけではありません。

建築で出来ることから
床下エアコンを入れるのには、断熱性、気密性が重要です。
断熱性、気密性が無い建物に床下エアコンだけでは無く、他の全館空調を入れたところ
快適なるわけではありません。タレントを使い○○空調など派手に宣伝をしていますが
まるで無意味です。
断熱性、気密性が低い住宅を設備機器で穴埋めするのでは無く、建築で出来る事で家の性能を上げて、
足りない部分を設備でカバーする方が、家計にも地球にも優しい住宅です。

では、具体的に断熱性気密性を、どの程度にすれば良いのか?
数値で表すとUA値で0.5W/㎡・K以下、Q値1.6w/㎡.Kは必要になります。
気密性能は弊社では0.5c㎡/㎡以下を標準にしていますが1.0 c㎡/㎡以下で良いと思います。
ただ断熱性能の数値を追いかけても、限りはありません。数値を上げようと思えば、上げていく事は簡単です。
問題は建築の地域にどこ迄の数値が必要かだと思いますし、建築コストとの擦り合わせが必要です。
東京6地域であれば、先程目安で上げた数値で十分だと思います。

床下エアコンは床下も室内
床下エアコンは文字通り床下にエアコンを設置しますので、
床断熱では無く、基礎で断熱をする必要があります。
基礎断熱をすると、よく言われるのが白蟻のリスクです。
基礎の断熱材には、白蟻対策として、EPS(ビーズ法)ホウ酸を含んだ物と
XPS(押し出し法)ネオニコチノイド(農薬)を含んだ物が発売されています。
床下は室内と同じ環境になりますので、弊社ではホウ酸入りのEPSを使っています。
もう一つ、EPS(ビーズ法)の断熱材を使う理由は、発砲スチロール協会が発表されたデーターによると、3年間でXPS(押し出し法)は断熱性能が15%以上低下するデーターがあるからです。

白蟻対策断熱材だけでは不十分
基礎断熱工法を選択した時には、白蟻対策の断熱材を使うのは大前提です。
しかし、それだけでは不十分です。断熱材を基礎の型枠に入れ込んで、コンクリートとの密着性を上げることは勿論、蟻返しをつける事も大事な要素です。
いかがでしたか?
単に床下エアコンと言っても、その前に基礎断熱材の事も考えて
施工しなければなりません。
床下エアコンを見よう見まねで、扱う工務店も増えています。
見よう見まねの工務店が、床下エアコンの失敗作を作り上げているのです。
基礎断熱の事もそうですが、床下エアコンの計画には、基礎の計画から考える事が床下エアコンを成功させる要素です。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 床下エアコンと基礎断熱 はコメントを受け付けていません。

快適な家にする窓の選び方
断熱材は何が良いですか?先ず快適な家にしたいと思うと、殆どの方が断熱材に目を向けます。
断熱材も大事な事なのですが、一番重要な事は窓です。
今日は、窓の選び方について書いてみます。

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
窓は、壁の穴です。私が良くお勧めしている、APW330樹脂窓の熱貫流率は、
縦滑り出し窓で、1.31W/㎡Kです。

一般的な断熱材の熱伝導率は0.038w/mkです。
100mm断熱材の熱伝導率0.038を熱貫流率に直すには熱抵抗値を
求める必要があります。
細かい計算は、割愛して断熱材の熱貫流率は0.38w/㎡kになるので、
窓は100mmの断熱材より約3.5倍熱を通しやすい事が分かります。
だから、窓が大事です。

熱貫流率をお金に直す
熱貫流率を樹脂複合窓2.33W/㎡k。室内外温度差15度の時窓面積4㎡
で10時間同じ状態が続くと1kw24円で換算して,約33円熱が逃げる事になる。
細かい計算は難しくなるので、割愛します。
これが先程の樹脂1.31W/㎡kだと約19円
その差はたった14円。
仮に家全体で24㎡窓開口があると84円。
暖房に時期に同じ条件で100日過ごすと、8400円。
これを30年間では252,000円窓の性能で損をします。
防火規制が無ければ、樹脂複合窓と樹脂窓の差は窓の数大きさにもよりますが
10万円以内で収まると思います。

LOW-E ガラスにしておけば安心??
Low-Eガラスには2種類あります。遮熱タイプと断熱タイプです。
何が違うかと言うと表のように、金属膜を室外側にあるのが遮熱タイプで室内側にあるのが、断熱タイプです。
これを設置する方角によって分けて使います。南側には断熱タイプを使い、その他の方角には遮熱タイプにします。
断熱タイプを南側に使う理由は、真冬の日射取得を高めて、暖房の補助に使うためです。
折角断熱タイプを使っても、日射取得率はガラスの色によって異なるので、ニュートラルを指定しましょう。

樹脂サッシの裏技
樹脂サッシでも、指定をしなければ図のようにガラスとガラスの間にある、スペーサーと呼ばれる部分が金属になってしまいます。防火の指定が無ければ、樹脂に変更してもらいましょう。
費用の差は殆どありません。
そして、もう一つガラスとガラスの間には乾燥空気が入っていますので、これも
アルゴンガス入りに変更してもらってください。窓の性能が上がります。

いかがでしたか?
窓の事について書いてみました。窓の性能が断熱材より大事な事が少しでもご理解いただけたでしょうか?

カテゴリー: 快適 窓 選び方 | タグ: , , | 快適な家にする窓の選び方 はコメントを受け付けていません。

耐震等級の罠
最近は毎日に信じられないくらいの暑さですね。東京でも40度を超えです。
事務所では、弊社の標準仕様通り屋根はダブル断熱材で245㎜の断熱材が入っていますから、
輻射冷暖房機一台で十分快適です。
最近の私の現場では、ダブル遮熱シートが入っていますので更に快適性が上がっています。
遮熱シートのお話は、近いうちにブログに書きますので、今日は、耐震等級のお話です。

こんにちは。西東京市でW断熱+自然素材の家造り、真柄工務店代表の眞柄です。
今日は気密について、書いてみたいと思います。

耐震のお話は、このブログでも時々していますが、耐震等級をとりましょう!
構造計算が大事ですよ!と何度かお話をしていると思います。
建築基準法では、木造住宅二階建て(4号建築物)は、壁量計算や四分割法など
簡易的な計算を建築士が行っている事になっています。行っている事になっている……⁇
誰も確認をしていないので、分からないのです。
家を建てる時には、建築確認申請が必要になってきます。
この建築確認申請には、耐震性の根拠となる、壁量計算、四分割法、など簡易的な計算根拠を示す書類は提出しないからです。

耐震等級相当は危険
「耐震等級相当」そんな表現をしている会社さんもありますが、耐震等級は審査機関で発行された適合書を持って行政に提出し、
再度審査されて耐震等級のお墨付きを貰う公的なものです。
「耐震等級相当」など勝手に言っている物は自社で耐震ソフトを使って
数字合わせをしているに過ぎないので、安全性は誰も確認していません。

                                     インテグラルHPより抜粋
耐震等級の取り方で安全性は変わる

耐震等級の取り方には2通りあります。
弊社でも行っている許容応力度計算これを構造計算と呼びます。
許容応力度計算で耐震等級を取得するのでしたら、問題はないです。
もう一つのやり方が、性能表示制度の耐震等級計算です。
この耐震等級計算では、準耐力壁も計算に入れ込む事が出来るため意外と簡単に
耐震等級2をクリアできてしまうのです。
例えば必要壁量10m存在壁量10mこれは10m÷10m=1
耐震等級1になります。所が性能表示制度では、腰壁などの準耐力壁を含めても良いことになっているので
腰壁が2.5mあれば12.5m÷10m=1.25 建築基準法の1.25倍ですから、耐震等級2です。
準耐力壁は余力で残す
性能表示の耐震等級計算の仕方が悪いのではなくて、計算する側の意識の問題です。
準耐力壁は余力で残し、耐力壁を10mから12..5mに増やして12.5m÷10m=1.25
プラス準耐力壁と準耐力壁を含めて1.25にした建物は全く地震に対して違います。
これは、家を建てるお客様には、全く分からないお話ですので、造る側の問題です。
耐力壁を増やすことは建築コストにも影響があるために、コストをかけないで準耐力壁を取り入れてしまう一面もあるようです。
いかがでしたか?
同じ耐震等級を取る方法でも、違うルートがありその使い方で同じ耐震等級でも
全く地震に対して強さが違います。建築を依頼する際は構造計算していますか?
と質問するのではなく、許容応力度計算をしていますか?と聞いてみてください。

無料資料のご請求はこちら
カテゴリー: 耐力壁 罠 | タグ: , | 耐震等級の罠 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ・ご相談 042-457-0025(営業時間 9:00~18:00 日曜祝日/ 定休)

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メール

詳しくはこちら!

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス

カレンダー

2019年7月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ